> > やってきたでござるよ 『CR忍者ハットリくん〜からくり屋敷に来たでござるの巻!〜』登場
ニュース
新機種発表
やってきたでござるよ 『CR忍者ハットリくん〜からくり屋敷に来たでござるの巻!〜』登場
Daiichi

ニュース写真
『CR天才バカボン』というアニメタイアップの名機を生み出したダイイチより、2009年最強のタイアップ機種が発表になった。少年漫画の不朽の名作「忍者ハットリくん」をモチーフにした『CR忍者ハットリくん〜からくり屋敷に来たでござるの巻!〜』だ。

過去に同社から発売され大人気を博した『CR忍者ハットリくん』の2009年バージョンとなる。そのタイトル通り、新機種は「からくり」要素でいっぱい。保留忍者が変動開始に行うアクション、先読み機能と疑似連予告の多彩な組み合わせ、手裏剣フラッシュ・・・従来機種にはない様々な演出の仕掛けが魅力的だ。

2009年9月1日、プレス発表会が行われた東京上野のP-プレイヤーズカフェには、全国各地から多数のメディア関係者が集まった。発表会は同社常務取締役・服部氏より、「新生ダイイチの第3弾として明日への活力を生み出す『CR忍者ハットリくん』にご期待ください」とのスピーチで始まった。

続いて、商品開発部の長谷氏より開発に至る経過と機種説明が行われた。「初代でもあったプレイヤー参加型のパチンコ台としての演出に徹底してこだわり、様々なボタン演出と斬新なリーチフローシステムを搭載。自分の手で大当たりをつかみとる爽快感がキーワード。からくり演出にとくに力を入れました」とのこと。

気になるスペックは、大当たり確率1/309.8、確変突入率61%、時短100回というライトミドルスペック。大当たり確率と出玉のバランスが取れており、十分な出玉感があるにもかかわらず、マックスバトルタイプなどと比べれば割と気軽に遊べる仕様と言えるだろう。

演出面の見所は、「からくり演出」と「からくり役物」そして新参加型のボタン機能となる。これらの機能と「先読み予告〜疑似連予告」が複合して、多彩なゲーム演出を盛り上げる。とくに、「忍忍チャンス」と呼ばれるモード移行演出が楽しい。もちろん、同社お得意の白キャラ出現は、どこでも激アツだ。

全国のホールに登場するのは10月5日の予定。同社では、9月2日より全国の支社・営業所で内覧会を実施し、全国展開でのテレビCMも順次放映していく予定。「忍者ハットリくん」の楽しい世界観が味わえるのはもうすぐだ。

このニュースの関連URL:機種図鑑:CR忍者ハットリくん〜からくり屋敷に来たでござるの巻!〜
このニュースの関連URL:大一商会



  • ニュース写真

  • ニュース写真


前へ 次へ

最新ニュース






このページの先頭へ戻る

戻る 777@niftyトップへ戻る