> > ぶっ続け銃撃戦!! 『CR ダイ・ハード』 藤商事より登場
ニュース
新機種発表
ぶっ続け銃撃戦!! 『CR ダイ・ハード』 藤商事より登場
藤商事

CRダイ・ハード
ハリウッド映画のメガヒット「ダイ・ハード」シリーズが、ついにパチンコ台としてデビューした。発売元は、映画タイアップ機種がお家芸とも言える藤商事。過去にも「リング」「ゴースト ニューヨークの幻」などのタイアップ機種を市場に送り出している。

2009年9月25日、東京上野同社ショールームにて行われた新機種発表会は、プロモーションビデオによる機種紹介に始まった。
続いて、販売促進課の枝吉氏より機種開発・コンセプトに関する説明が行われた。開発コンセプトはずばり「予想外」というキーワード。スペック、盤面、演出の3つの角度から「予想外」が強調されて開発された。

スペック的には、ラウンド振り分けなし、突時なしのST型バトルスペック。また、全シリーズを網羅したタイアップ機種は従来にないもので、大当たり中には映画のストーリーを全て見ることができる。

スペックは今回3種類用意された。メイン機種に関しては、約1/400の初当たり確率で70回のST確変〜電チューサポートという仕様。FPFとFPKは、大当たり時の出玉と確変時の確率が異なり、FPFは約1300個の出玉で連チャン84%、FPKは約2000個の出玉で75%の連チャン率となっている。また、FPEは、約1/160の確率で出玉630個の遊びやすいSTタイプ。

ゲーム性は、原作映画の世界観がそのまま取り入れられている。確変か通常か常にハラハラできるモード移行演出と先読み演出が特徴的。予告やリーチアクションは、「ダイ・ハード1」のものを中心に構成されているが、実写系リーチになった場合はシリーズ全ての作品を見ることが出来る。

「撃ち方は、自由だぜぇ!!」のキャッチコピーにふさわしく、フルバトルスペックを採用している『CRダイ・ハード』。どこまで続くか分からない連チャンは興奮必至。

今や、ハリウッドを代表する名俳優となったブルース・ウィリスの勇姿が見られる新機種のホールデビューは10月26日を予定だ。

このニュースの関連URL:機種図鑑:CRダイ・ハード
このニュースの関連URL:藤商事




前へ 次へ

最新ニュース






このページの先頭へ戻る

戻る 777@niftyトップへ戻る