> > 大一から『CR哲也〜雀聖と呼ばれた男〜』登場!
ニュース
新機種発表
大一から『CR哲也〜雀聖と呼ばれた男〜』登場!
Daiichi

CR哲也〜雀聖と呼ばれた男〜
忍者ハットリくんのユニークなTVCFがお茶の間でも話題の大一から、はやくも新機種『CR哲也〜雀聖と呼ばれた男〜』の発表が、10月22日、浜離宮を眼下に見下ろす東京・汐留のコンラッド東京にて開催された。

“新生・大一”第 4弾となる本機種は、阿佐田哲也の名著「麻雀放浪記」を元に再構成され、週刊少年マガジンでの連載はもとよりTVアニメとしても大人気を博した同名作品がモチーフとなったパチンコ機種である。

本機は「究極の勝負」をテーマとして設定し、原作における“勝負の世界における臨場感”を再現するために新生・大一としてリリースした、これまでの 3機種(『CR天才バカボン 41才の春だから』『CR石川さゆり〜あなたのために歌います〜』『CR忍者ハットリくん〜からくり屋敷に来たでござるの巻!〜』)とはうって変わり、新生・大一初のMAX(バトル)スペックとなっている。

特に注目すべき点として、これまでのバトルタイプでは、敵との一対一の勝負がメインであった液晶表現が、麻雀特有、原作ストーリーを活かした複数の戦いとなっており、さらにその液晶画像が本機のためだけに、1万枚を超える新たな原画書き下ろして作られた点をあげたい。
さらに盤面に目を移せば、液晶上部からポイントポイントで登場する巨大な「リーチ棒役モノ」と、特にスーパーリーチ時に大活躍する液晶右側の「雀牌液晶」など原作の世界観を活かし、さらにゲーム性を盛り上げる工夫が満載されている。

大当たりは図柄揃いで突入し下アタッカーが開放する「雀聖ボーナス」と、ランクアップボーナスである「天運ボーナス」の2種類があり、確変継続率は81%となっている。

パチンコの世界では、古くから麻雀モチーフにはハズレなし、といわれている中、さらに超人気マンガとのタイアップという鉄板モチーフで登場となる注目のホール導入日は12月13日の予定だ。

このニュースの関連URL:機種図鑑:CR哲也〜雀聖と呼ばれた男〜
このニュースの関連URL:大一商会



  • ニュース写真

  • ニュース写真


前へ 次へ

最新ニュース






このページの先頭へ戻る

戻る 777@niftyトップへ戻る