> > 業界にWの衝撃! 京楽&サミー合同プロジェクト発動!
ニュース
新機種発表
業界にWの衝撃! 京楽&サミー合同プロジェクト発動!

ニュース写真
パチンコ・パチスロそれぞれの顔とも言える2大メーカー・京楽とサミーが、冷え込みの続くこの業界の活性化を目的に合同プロジェクトの始動を発表。
説明会が行われた10月27日、都内ホテルの会場には500名に及ぶマスコミ報道関係者が詰めかけた。

会冒頭では、京楽産業.河村常務取締役、サミー株式会社 小口専務取締役よりそれぞれ挨拶が行われた。
両名の口から語られた共通キーワードは『業界活性化』。
「本来ライバル関係にある両社が、その垣根を越えて合同プロジェクトに取り組むきっかけとなったのは、業界活性化へかける想いが一致していたから(河村氏)」 「お互い馴れ合うことなく、二社で切磋琢磨して開発からプロモーションまでを手掛けた本プロジェクトで業界を盛り上げていきたい(小口氏)」
双方でこう語られるように、遊技人口の減少が続くパチンコ・パチスロ産業において、その衰退に歯止めをかけるべくパチンコ・パチスロそれぞれの代表メーカーが意を決して立ち上がった形だ。

さて、我々遊技者にとって気になるのは、この合同プロジェクトの名のもとに登場するであろう新機種の存在。今回第一弾として発表になったタイアップタイトルは、知名度90%を誇る格闘アニメの金字塔「あしたのジョー」だ。

京楽からは『冬ソナ』シリーズや『仕事人』シリーズを手掛けた井坂氏が、そしてサミーからは『アラジン』シリーズや『北斗の拳』を手掛けた星野氏がそれぞれ開発プロデューサーに着任し、両社のエース陣営を従えた開発体制からも本プロジェクトと新機種『あしたのジョー』にかける並々ならぬ意欲が伺える。
また、プロモーション活動においては、「明日のジョー」を出版する講談社、そして原作の高森朝雄先生(作)・ちばてつや先生(画)両名の全面バックアップを受けた強力布陣で実施。パチンコ・パチスロの両ジャンルにおいて同時展開されることからも、今冬は矢吹丈の雄姿をいたる場面で見ることができそうだ。

業界の「あしたのために その1」となった本プロジェクト発表会。そして「あしたのために その2」へ向けて、2009年12月・両国国技館で両機種同時発表が行われる予定となっている。

白い灰になるにはまだ早い・・・二社が放つビッグタイトル『あしたのジョー』の衝撃とともに、この冬、新しい伝説のゴングが鳴る!

このニュースの関連URL:京楽
このニュースの関連URL:サミー



  • ニュース写真

  • ニュース写真


前へ 次へ

最新ニュース






このページの先頭へ戻る

戻る 777@niftyトップへ戻る