> > 本宮ひろ志先生の人気漫画『夢幻の如く』がパチスロに!
ニュース
新機種発表
本宮ひろ志先生の人気漫画『夢幻の如く』がパチスロに!
IGTジャパン

夢幻の如く
『サラリーマン金太郎』『俺の空』『天地を喰らう』と数多くの作品がパチスロ化されている本宮ひろ志先生の人気漫画たち。その新たな1ページとして『夢幻の如く』が加わることとなった。この『夢幻の如く』とは、織田信長が本能寺の変で死んでいなかったら…? というストーリーの人気漫画で、タイトルは信長が好んで演じた舞の「敦盛」の一節を引用したものとなっている。

本機を発表したのは『信長の野望』シリーズも手がけたIGTジャパン。最近は、一風変わったART機を多く発表しているように、本作もARTが特徴的な機種に仕上がっている。

ボーナスは2種類で、赤7揃いはBIGで純増約145枚。BAR揃いはREGで純増約48枚。獲得枚数は少な目だが、ボーナスの合成確率は約1/90と破格。また、ボーナスを契機として突入するARTで出玉を増やすのがメインのゲーム性となっている。

BIGは覇王ボーナスと名付けられ、プレミアム的な存在となっている。BIG終了後は、次回ボーナスまで継続するART「プレミアム夢幻RUSH」に突入。また、BIG中に発生する「ベルの色の2択を当てるゲーム」に正解するごとに「プレミアム夢幻RUSH」をストックしてくれる。正解した数だけ、次回ボーナスまでARTがループするぞ!

一方のメインボーナスとなるREG終了後は「合戦」というチャンスゾーンから開始される。この合戦中は、パンク役のSINと特殊リプレイをどれだけ回避できるかがカギ。SINは左リールに赤7を狙うことによって簡単に回避できるが、特殊リプレイは押し順2択となっているので、勘を頼りにハズしていこう。

こうしてパンク役を回避したり通常リプレイが揃うごとに、液晶上のゲージが上昇。リプレイ以外の小役が揃ったところで、貯めたゲージを使ってART抽選を受けるシステムだ。ゲージは貯まっているほど期待度アップ。小役も2択ベルではなくレア役(チェリーとスイカ)のほが期待大。どこで攻撃してくれるか、攻撃する小役は…といったところでARTの突入率は大きく変動するぞ!

その攻撃が成功したら、いよいよお待ちかねのART。このARTは30Gで1セット。1Gあたりの純増は約1.7枚となっている。ART中は、2択のベルとパンク役の特殊リプレイを回避する押し順ナビ、同じくパンク役のSINを示唆する演出が発生する。押し順ナビが発生したらそれに従い、大砲演出が発生したら、左リールに赤7狙い。ベルナビは指示された色のボーナス絵柄を左リールに狙おう。

このART中にボーナスが成立すると、ARTの上乗せ抽選を受けられる。この上乗せ抽選は、1回のボーナスにつきMAXで30セットとなることも! ちなみに、このARTはゲーム数管理となっており、途中でボーナスが成立しても、1セットの残りゲームを消化することができるので、30セットが選ばれれば最低でも900GはARTを消化できることになる。

小役の引きとタイミングで勝負! ART突入時はボーナスでの上乗せに期待! 『夢幻の如く』の導入は、1月12日からだ。

このニュースの関連URL:機種図鑑:夢幻の如く
このニュースの関連URL:IGTジャパン



  • ニュース写真

  • ニュース写真


前へ 次へ

最新ニュース






このページの先頭へ戻る

戻る 777@niftyトップへ戻る