> > 確変の改革・・・勧善懲悪・時代劇シリーズ第二弾『CR新暴れん坊将軍 吉宗危機一髪!』藤商事よりリリース
ニュース
新機種発表
確変の改革・・・勧善懲悪・時代劇シリーズ第二弾『CR新暴れん坊将軍 吉宗危機一髪!』藤商事よりリリース
藤商事

CR新暴れん坊将軍 吉宗危機一髪!
2009年11月18日。ヒト味違う“オモシロさ”を追求する藤商事より、同社としては、勧善懲悪・時代劇シリーズ第二弾として『CR新暴れん坊将軍 吉宗危機一髪!』が発表になった。

プレス発表会が行われた、東京品川・インターシティには、各地から多数のメディア関係者が集まった。原作の「暴れん坊将軍」は、もともとお茶の間時代劇の大ヒットテレビ作品。今回は、そのテレビシリーズには無いオリジナルストーリーを書き下ろし、キャスティングも新たにして撮影を行ったという。

桜の樹木や矢倉などの装飾によって、大江戸情緒をダイナミックに再現した発表会場では、最初に主催者代表として、同社の井上専務取締役からの挨拶が行われた。続いて、プロモーション映像による紹介の後に、プレゼンテーションが行われた。

気になるスペックは、1/350で確変突入率70%のFPGと1/315で確変突入率65%のFPHの二つが用意された。両方とも時短100回搭載。小当たりはなしで、万人に分かりやすいタイプ。しかも、出玉性能は高めで十分な爆発力も秘めている。

そして、新筐体「クリスタルファィヤー」がゲーム演出を盛り上げて、新しい風を吹きこむ開発コンセプトが斬新。とりわけ、大当たりは、大成敗ボーナスとして「吉宗・姫・爺」の3パターン用意され、それぞれ出玉違いだが、ランクアップするチャンスパターンが面白い。

また、「疾風モード」と呼ばれる確変中の消化スピード感は抜群。4隅の絵柄が揃えば即大当たりとなる極めてシンプルなアクションが素晴らしい。同社によれば、「次回大当たりまで平均90秒」とセブン機では、業界最速とのこと。

盤面下部の「ラッキーパト」は色々な場面で可動する可能性があり、長時間遊技でもプレイヤーを飽きさせないように作られている。センサーを使った、プレイヤー参加型のZVA刀(ズバット)斬りアクションも話題になるだろう。

リーチや予告演出は、新たに書き下ろされたストーリーと映像をもとに、勧善懲悪・時代劇の雰囲気満点。悪党を相手に、暴れん坊将軍・吉宗が大活躍するシーンは爽快だ。とくに、実写系の「刺客対決リーチ」や「吉宗殺陣リーチ」は必見。

全国のホールに登場するのは、2010年1月中旬の予定。新年を飾るにふさわしい華やかな『CR新暴れん坊将軍 吉宗危機一髪!』に大いに期待しよう。

このニュースの関連URL:機種図鑑:CR新暴れん坊将軍 吉宗危機一髪!
このニュースの関連URL:藤商事



  • ニュース写真

  • ニュース写真


前へ 次へ

最新ニュース






このページの先頭へ戻る

戻る 777@niftyトップへ戻る