> > 山佐ノーマルタイプの王道『ピカ吾郎V2』がパワーアップして登場!
ニュース
新機種発表
山佐ノーマルタイプの王道『ピカ吾郎V2』がパワーアップして登場!
山佐

ピカ吾郎V2
4号機時代より出目と告知でドキドキさせ続けてくれる『ピカ吾郎』が再び登場する。

5号機でも発表されているタイトルだけに再登場という言葉になるが、今作は『ピカ吾郎』シリーズ最高傑作と断言させていただきたい。マニアが好むような作り込みと初級者層に対する配慮を両立させる、山佐のノーマルタイプらしさ溢れる仕上がりとなっているのだ!

今回の『ピカ吾郎』は、いつもながらの告知と山佐のリーチ目の融合が特徴となっている。小役とボーナスの同時成立は、一番アツいものでもスッポンの期待度約25%。ボーナス全体の約半分は単独成立することに。

リーチ目は、難しいのは覚えられないし狙えない・・・そんな初心者でも、リール窓枠上部の告知ランプをチェックすれば安心して打つことができる。告知ランプは一列に12個配置されており、左側に行くほどSMALLの可能性が、右に行くほどBIGの可能性が高まるようになっている。また、ボーナスを揃える際も、BIGであれば赤7を狙ってもピカ吾郎絵柄を狙ってもOKのマルチBIGとなっているので、目押しの練習には持ってこいだ。

また、通常時の小役狙いも非常に簡単なものとなっている。取りこぼしが発生するのは左リールのスッポンのみ。チェリーがない位置を押してもベルで揃ってくれる。また、スッポン成立時にはショートフリーズ演出が発生するので、その時だけ慎重に狙えばOKとなる。

出目に興味がある中・上級者層は、山佐ならではのリーチ目を堪能しよう。順押しは21コマ中18コマが小役狙いポイントとなるので、狙いたくなる位置がたくさんあるはずだ。また、変則押しも細かい押し位置違いに悩まされることなく出目だけでアツくなれるようになっている。中押しをすれば1リール確定の共通目があり、逆押しは1リールSMALL確定目はあるものの、BIGはハズレと同型に(告知でビックリ!)。このように、プレイヤーの好みによって押し位置をいろいろ選ぶことができるぞ。

そのBIGは、純増MAX324枚。MAXと書いてあるように打ち方にはポイントがあるものの、初級者でも1回だけ(たまたまでも)13枚役が獲得できれば残りは逆押しするのみ。非常に簡単なものとなっているので、できないというストレスを感じることはないはずだ。SMALL(チャレンジボーナス)は純増104枚。こちらは順押し適当打ちで消化してOKだ。

ランプやサウンドなどの違和感告知も搭載。出目も告知もそれ以外も、随所に見所のある王道のノーマルタイプ『ピカ吾郎V2』の登場は2月8日を予定しているぞ!

このニュースの関連URL:機種図鑑:ピカ吾郎V2
このニュースの関連URL:山佐




前へ 次へ

最新ニュース






このページの先頭へ戻る

戻る 777@niftyトップへ戻る