> > 「逆転の発想」から生まれた『CR天上のランプマスター』 豊丸よりデビュー
ニュース
新機種発表
「逆転の発想」から生まれた『CR天上のランプマスター』 豊丸よりデビュー
豊丸産業

CR天上のランプマスター
新春にふさわしい斬新な機種が発表になった。発売元は『餃子の王将』などユニークな機種開発で知られる豊丸産業。2010年1月14日、発表会場の東京上野・P-プレイヤーズカフェには、今までにないユニークスペックの機種ということもあり多数のメディア関係者が詰めかけた。

発表会冒頭では、永野営業本部長より挨拶が行われた。それによれば「100年に一度の不況と言われる中、長期稼働を可能にする新ジャンル機を発表することになりました。斬新なスペックを持ったCR天上のランプマスターにご期待ください」とのこと。
続いて、プロモーション映像によって機種紹介がなされた。その後に、営業企画グルーブの山田氏、そして日高氏より詳しい説明がなされた。
見かけの確率上では理解しにくいところがあるが、簡単に言えば、電チューサポート付きの確変状態=トレジャータイムのトータル突入率が1/152.6で、継続率が85%という連チャン性能を持つデジパチである。

大当たり1回で期待できる出玉は約2400個で、確率から言えば十分な破壊力を有する。ユニークなのは、連チャンモード「トレジャータイム」突入への道のり。大きく分けて、図柄揃いの大当たりの他に、「天上ルート」を採用。これは(出玉なしの大当たりなしで)128ゲーム消化、または虹色の宝石をゲットすることによって天上到達の「創神モード」に移行するという仕組み。

そして「創神モード」に入れば、その時点では電チューサポートこそつかないものの、1/49の確率で必ず「トレジャータイム」に移行するという特徴を持つ。激アツの「トレジャータイム」は70回または127回の時短状態(約2%の15R大当たりの後は127回の時短、それ以外は70回転)。この間の確率は1/49となり、前述したようにループ率は約85%だ。

多彩なモード移行演出も楽しく、天上ルートに近くなると「ナイトミッションモード」に移行。ここで、出玉なしの大当たりを引かずに、無事(?)128ゲームはまれば「創神モード」に入るというわけだ。ここが従来機種と逆転の発想たる所以である。

ゲーム演出では、群予告や激アツの唐草模様、魔神役物が動けば期待度が期待度満点の対決リーチなど、従来のデジパチ同様のアクションが楽しめる。豊丸キャラはプレミアなど見所も満載。

また、本機種は、豪華声優陣を起用しているところにも大きな特徴がある。主人公のジェイドには白石涼子さん、ヒロインのルビィには田中理恵さんなど、まさに豪華なキャスティングだ。さらに、オリジナル楽曲「星の舞い降りる夜は」、mihimaru GTの「気分上々↑↑」「ツヨクツヨク」も挿入されており、サウンド面でも楽しめる。

今までと全く違う発想で生み出された『CR天上のランプマスター』の全国デビューは最速で2月21日を予定。ニュースでは書ききれなかった本機の詳しいスペックや有効な立ち回り方などは、後日公開予定のパチンコ図鑑・攻略ページで順次紹介していく予定だ。乞うご期待!

このニュースの関連URL:機種図鑑:CR天上のランプマスター
このニュースの関連URL:豊丸産業



  • ニュース写真

  • ニュース写真


前へ 次へ

最新ニュース






このページの先頭へ戻る

戻る 777@niftyトップへ戻る