> > 「萌え×燃えパチンコ」ついに登場!『CR舞-HiME』 西陣より
ニュース
新機種発表
「萌え×燃えパチンコ」ついに登場!『CR舞-HiME』 西陣より
西陣

CR舞-HiME
「ガンダム」を世に送り出したサンライズ初の萌えタイトル「舞-HiME」は、アニメ・漫画・ラジオ・ドラマ・CD・フィギュアなど、多岐に渡って展開するメディアミックス作品。様々なタイプの美少女キャラクターが活躍する人気コンテンツだ。
今回その「舞-HiME」が、大手メーカー・西陣の手によってパチンコ台として市場に登場することになった。新機種発表会が行われた2010年1月20日。本タイトルふさわしいアニメの聖地・秋葉原に設けられたイベント会場には多数の業界関係者が集まった。

発表会前半では、同社の小森営業統括部長による挨拶・PV映像によるプレゼンテーション・鎌田研究開発部長による機種説明が行われた。それによると、本作の開発コンセプトは「萌え×燃え」。コンテンツの持つ「萌え」要素、そして西陣初となるSTバトルスペックが創出する「燃え」るパチンコの融合を目指して開発された機種であり、そのコンセプト通り、可愛くもアツイ遊びを体験出来そうだ。
また、発表会の後半では、美袋命 役の清水愛さん、深優・グリーア 役の浅井清己さんの二人が登場し、楽しいトークショーが行われた。さらには、アニメ「舞-HiME」の主題歌を歌う栗林みな実さんが登場し『CR舞-HiME』の挿入歌ニ曲(Shining☆Days/小さな星が降りる時)を熱唱。会場が盛り上がる中、発表会は終了となった。

さて気になるパチンコ機についてだが、スペックは2種類、ミドルタイプの「F」とマックスタイプの「ZB」が用意されている。両スペックとも確変突入率100%のST(70+8回転)機種。ミドルタイプは約1/347で継続率83%、マックスタイプは約1/400で継続率85%と、両スペックとも十分な爆発力を有する。
ゲーム性は、「新感覚!潜伏ゲーム!」と名付けられた100回転に一度必ず訪れる「ZONE演出」が特徴的だ。特に、「ZONE」から「SUPER ZONE」に突入すれば大当たりへの期待度はより高くなる為、ZONE突入の度にドキドキ感を味わうことができるだろう。

予告やリーチ演出は、原作の世界観が忠実に再現されたアニメーションに加え、コミカルなデフォルメキャラによる演出が楽しめる。予告では、役物の「カグツチ」が連続して光り輝き、咆哮すれば激アツとなる点に注目だ。リーチシーンでは「舞-HiME バトルロワイヤル」と名付けられた迫力のある戦いが展開される。

今後は、西陣・サンライズ・バンダイビジュアルの3社のコラボレートで、20〜30代の男性をメインターゲットにしたプロモーション活動が予定されている。今回のパチンコ機種発表を皮切りに、1月27日のBlu-rayボックス発売、「舞-HiME」オールナイト上映イベント、期間限定!?スペシャルWEBサイト『舞-HiMEちゃんねる』でのサービス展開など、幅広い活動に「舞-HiME」を目にする機会が増えそうだ。

その『CR舞-HiME』が全国のホールに姿を見せるのは、最速で3月1日を予定。新感覚「萌え×燃え」の世界を『CR舞-HiME』で十分に味わってほしい。

このニュースの関連URL:機種図鑑:CR舞-HiME
このニュースの関連URL:西陣
このニュースの関連URL:舞-HiMEちゃんねる



  • ニュース写真

  • ニュース写真


前へ 次へ

最新ニュース






このページの先頭へ戻る

戻る 777@niftyトップへ戻る