> > 大宴会でARTを上乗せよう! 『皆伝丸』が発表
ニュース
新機種発表
大宴会でARTを上乗せよう! 『皆伝丸』が発表
アリストクラートテクノロジーズ

皆伝丸
ARTを突き詰めるアリストクラートからの新機種『皆伝丸』が発表された。斬新なARTの上乗せ区間「大宴会」がゲーム性のポイントだ。このARTは小役獲得もパンク回避も、押し順ナビタイプとなっているので、初心者でも安心して打てる内容となっている。

ボーナスは4種類で、いずれも純増は約42枚。ボーナスの獲得枚数が少ない(確率は1/99.9)ので、ARTが出玉の軸となる。そのARTへの突入は、ボーナス成立時の状態がカギを握っている。通常時は「通常・高確・超高確」の3つに分かれており、背景によって滞在状態を示唆してくれる。背景が夕方の高確時や、夜の超高確でボーナスが成立すればART突入が優遇される。また、ボーナス中のスイカ成立(狙えば下段にBARが揃う)は、ART突入確定だ。

ボーナス終了後は、まずチャンスゾーンからスタートし、押し順ベルの取りこぼし目が出現したところからARTが開始されるようになっている。ただ、ARTの権利を獲得している時は、チャンスゾーン中もパンク回避の押し順ナビが発生するので、それに従うだけでOKだ。

そのARTは、1Gあたり純増約1.3枚。ゲーム数によって管理されており、液晶に表示されているゲーム数の間は、パンクを回避する押し順ナビが出てくれる。このゲーム数がゼロになると、押し順ナビが発生しなくなるので、そこからは自力で特殊リプレイを回避(2択)しなければならなくなる。

このゲーム数だが、初めてARTに突入した時の表示は50Gのみを確認(実戦上)。ただし、内部的には、それより多くのゲーム数を抽選していることもあり、50Gを使い切った段階で「+25G」など追加されるパターンも見受けられた。

そのARTのゲーム数を消費せず、さらに上乗せチャンスとなるのが「大宴会」だ。この「大宴会」は、レア小役成立時に突入抽選を行なっている。ここでレア小役やハズレを引くと、ARTゲーム数の上乗せ(1回の抽選につき1Gから300G)に期待ができる。ここで、ボーナスが成立すれば、大量上乗せの大チャンスとなる。

ボーナス中に敵キャラの乱造を倒せば、期待値700枚オーバー!? 斬新な「大宴会」がアクセントとなる『皆伝丸』の導入は、4月12日を予定しているぞ!

このニュースの関連URL:機種図鑑:皆伝丸
このニュースの関連URL:アリストクラートテクノロジーズ




前へ 次へ

最新ニュース






このページの先頭へ戻る

戻る 777@niftyトップへ戻る