> > 今度の必殺は15R搭載!『びっくりぱちんこ必殺仕事人III 竜バージョン』 京楽より
ニュース
新機種発表
今度の必殺は15R搭載!『びっくりぱちんこ必殺仕事人III 竜バージョン』 京楽より
京楽

びっくりぱちんこ必殺仕事人III 竜バージョン
パチンコ必殺シリーズの甘デジタイプ『びっくりぱちんこ必殺仕事人III 竜バージョン』が新たな仕事人シリーズとして誕生した。
本機は「もっと、気軽に必殺を楽しみたい」というファンの声に応えるべく登場した必殺の甘デジである。
特筆すべきは、15R大当たりが17.5%もある破格の出玉仕様となっていること。甘デジの遊びやすさに出玉のお得さをプラスした感じだ。
また、竜バージョンの名にふさわしく、組紐屋の竜が主人公になっている。従来のシリーズではプレミア的な扱いだった京本政樹演じる「組紐屋の竜」は、激アツキャラとして予告やリーチ演出で大活躍。また主水や鉄、勇次などが従来どおりの活躍をみせるのは勿論だ。

気になるスペックは、1/99(確変中:1/9.9) ST5回転 時短25 or 50 or 100回 ラウンド振り分けあり(2R or 5R or 15R)。15R大当たりでは約1550個の出玉を獲得できる。

ゲーム演出の特徴は、3つの図柄が揃った後に必ず訪れる「お祭り連打」。揃った図柄をプッシュボタンで切り裂き、見事に竜図柄になれば15R大当たりになるというものだ。
これまで影の立役者としてゲームを盛り上げてきた竜が、15R大当たりのキーパーソンという大役を背負っている。リーチ、カットイン予告、ウインドウステップアップなどで竜が出れば15R確定という激アツキャラなのだ。

他にも、前作までと比較して「ゼブラ柄」の信頼度が大きくアップしている点が特徴として挙げられる。その為に出現比率は低めとなるがが、「ゼブラ柄」は出ただけで鬼アツとなる判りやすいゲーム性だ。

全国ホールデビューは、2010年春となる。暖かい季節になれば、新しい仕事人に会える。その時は、あなたもホールにいざ出陣だ!

このニュースの関連URL:機種図鑑:びっくりぱちんこ必殺仕事人III 竜バージョン
このニュースの関連URL:京楽




前へ 次へ

最新ニュース






このページの先頭へ戻る

戻る 777@niftyトップへ戻る