> > 押しどころ満載のボーナス主体タイプ『ファニーサンタ2』が発表
ニュース
新機種発表
押しどころ満載のボーナス主体タイプ『ファニーサンタ2』が発表
タイヨー

ファニーサンタ2
トナカイの告知ランプが可愛い『ファニーサンタ』が帰ってきた!

ストック機の『ハローサンタ』のイメージしかない人も多くなってきただろうが、元々『ファニーサンタ』は1998年に登場したボーナス主体型が初代となっている。「センタートナカイ」のアツさと告知のわかりやすさで人気を博していたのだ。

そんな初代のDNAを受け継ぐのが『ファニーサンタ2』。やはりボーナス主体で、告知ランプのわかりやすさも健在。もちろん、センタートナカイも……。センタートナカイとは、中リール中段にトナカイが停止すること。これで、小役がハズれれば問答無用のリーチ目となる。が、今回はボーナスと小役の同時成立がある5号機。小役が揃ってもチャンスとなるので、さらにセンタートナカイはアツさを増したと言えよう。

そのボーナスは2種類。赤7揃いはBIGで純増はMAX311枚。「赤7・赤7・BAR」揃いはチャレンジボーナスで純増はMAX103枚。どちらも少々の技術介入を要するが、ボーナス絵柄を揃えられる程度の目押し力があれば大丈夫。


そのボーナスの確率だが、BIGは設定1でも1/268.6と非常に高くなっている。このボーナスが当たった瞬間を様々な角度から楽しめるのが、本機の真骨頂だ。告知ランプと「センタートナカイ」以外にもイロイロあるぞ!

スタート音は、通常スタート以外に4種類が存在。無音はボーナス確定。遅れはチェリー対応。高音はハズレ対応。低音はトナカイ対応となっている。この法則が崩れた時点でもボーナス確定となる。

リール制御は、「リーチ目主体」「左リールのスベリ主体」「中右リールのスベリ主体」と、押し位置によってアツくなる瞬間が変化するようになっている。変則押しも、中押しで中段にトナカイが停止すれば小役が揃ってもボーナス確定……など、さらに違った楽しみ方が用意されているのだ。


スタート音の変化と併せて「どう料理してやろう?」とリールを回したまま、ニヤっと考えたくなる。そんな『ファニーサンタ2』の導入は4月25日を予定しているぞ!

このニュースの関連URL:機種図鑑:ファニーサンタ2
このニュースの関連URL:タイヨー




前へ 次へ

最新ニュース






このページの先頭へ戻る

戻る 777@niftyトップへ戻る