> > パチンコ感覚でも楽しめる『SLOTとんでも戦士ムテキング』が発表
ニュース
新機種発表
パチンコ感覚でも楽しめる『SLOTとんでも戦士ムテキング』が発表
ミズホ

とんでも戦士ムテキング
2010年4月20日、ドンちゃんでおなじみの株式会社ユニバーサルエンターテインメントより、新機種『とんでも戦士ムテキング』が発表になった。機種発表会場となった有明フロンティアビルには、多数のメディア関係者が集まった。

本機は、1980年に放送されていたテレビアニメ “とんでも戦士ムテキング”とのコラボ機種である。制作したタツノコプロはそのほか、タイムボカンシリーズなどでも有名である。原作を知っている人はもちろん、知らない人でも楽しげな雰囲気の演出を想像できることだろう。

発表会冒頭では、同社代表執行役社長の徳田氏の挨拶に続いて、執行役開発本部長の長谷川氏より、「本機のコンセプトは普段パチンコを楽しんでいる人も、安心して楽しんで打てるものを目指しました。」と述べられたように、ボーナスやARTに至る告知の過程は「予告→役物作動→リーチアクション」とパチンコファンにも受け入れやすい演出となっている。

そんなこともあり、ボーナスを揃える時以外に目押しの必要がなく、ARTも押し順ナビに従うだけでOKという初心者にもオススメできる難易度になっている。

そのボーナスは6種類。赤M絵柄もしくは、青M絵柄がクロスラインでWに揃った場合は「ムテキンボーナス(純増204枚)」。中段で揃えば「とんでもボーナス(純増204枚)」。中段に「赤M・赤M・青M」もしくは「青M・青M・赤M」が揃ったら「クロダコボーナス(純増48枚)」となる。

これらのボーナスが揃った時に液晶上の数字に注目しよう。奇数揃いなら、ボーナス終了後は「ムテキンタイム」というART確定ゾーンから開始。偶数揃いなら「クロダコチャンス」という最大20G継続するARTのチャンスゾーンから開始される。

「ムテキンタイム」と「クロダコチャンス」は小役ナビが発生する、いわばATゾーン。パチンコに置き換えるなら「ムテキンタイム」は確変で「クロダコチャンス」は時短。ATでの小役ナビはおまけチャッカーのオープンと言うこともできる。

継続期待度は、背景の色「青<黄<赤」で示唆!かつARTは上乗せ抽選を行なうとのことなので、自力で上乗せて継続させることも可能だろう。

そのARTの消化方法は至って簡単。押し順ナビに従ってプレイするのみで、1Gあたり約1.5枚の純増を得ることができる。ただし、押し順のミスは禁物。次回ボーナスまで継続するARTだった場合は、リプレイ確率がダウンしたAT状態に移行した後に再度ART突入となってくれるが、通常のARTの場合は、その時点で終了してしまう。難しい目押しは必要ないので、押し順ナビだけはしっかり注意して見るようにしよう!

なお、このART突入契機はボーナス終了後だけでなく、通常時からも突入のチャンスが用意されているほか、ホットケチョイス演出の6択に成功した場合、自力でARTをたぐりよせることができるぞ。

初心者でも簡単に打てる。過去のユニバーサル系の機種の特徴からして、上級者にはきっと骨のあるメインリールの法則が!? 機械割も優秀な『SLOTとんでも戦士ムテキング』は近日導入を予定しているぞ。

このニュースの関連URL:機種図鑑:とんでも戦士ムテキング
このニュースの関連URL:ミズホ



  • ニュース写真

  • ニュース写真


前へ 次へ

最新ニュース






このページの先頭へ戻る

戻る 777@niftyトップへ戻る