> > 新システムのDBBを搭載した『悪魔城ドラキュラII』が発表
ニュース
新機種発表
新システムのDBBを搭載した『悪魔城ドラキュラII』が発表
KPE

悪魔城ドラキュラII
5号機として登場し、人気を博した『悪魔城ドラキュラ』の続編として『悪魔城ドラキュラII』が発表された。

今回のボーナスはREGのみ。BIGなどのまとまったコインが出てくるボーナスが存在しないので、よりドラキュラバトルボーナス(以下、ART)への比重が高くなっている。

そのARTへのトリガーとなるのは、REGとボスバトルの2種類。REGは「赤7・青7・赤7」となっており、この8G間に青7揃いを引ければART突入確定。青7が揃わなかった場合は、カウントダウンミッションへ。このカウントダウンミッションは最大15G継続。この間、パンクリプレイを回避し続けられれば、ARTに突入確定となる。

ボスバトルは「ベル・ベル・赤7(青7)」揃いで発動し、バトルに勝利すればART突入確定だ。なお、このボスバトルも中身はREGとなっているが、通常ゲーム中に成立した場合は小役の押し順ナビが発生しないので、獲得枚数は少なくなってしまう。

ARTのストックがある場合など、ART突入が確定している場合は、パンクリプレイを回避する押し順ナビが発生するので、それに従ってプレイするようにしよう。そして、全リールに赤7を狙うナビが発生し、揃えられればART発動となる。

このARTはドラキュラバトル発生まで継続し、こちらもボスバトルと同様に「ベル・ベル・赤7(青7)」揃いで発動する。バトルに勝利すれば再びART突入確定だ。この場合のボスバトル(REG)は押し順ナビが発生するので、獲得枚数は通常のREGと同様に約80枚。それとARTを合わせると1セットで約140枚を見込めるようだ。

ART突入が確定してから赤7が揃うまでの「無間回廊ステージ」でベルが入賞するなど上乗せ機会は豊富。さらに一度の上乗せ機会で最大7セットを抽選とのことなので、大連チャンに期待しよう!

新システムになって生まれ変わった『悪魔城ドラキュラII』の導入は、7月20日を予定しているぞ!

このニュースの関連URL:機種図鑑:悪魔城ドラキュラII
このニュースの関連URL:KPE




前へ 次へ

最新ニュース






このページの先頭へ戻る

戻る 777@niftyトップへ戻る