> > 鮮度最高!絶品パチンコ『CR築地魚河岸三代目』・・・西陣より直送!!
ニュース
新機種発表
鮮度最高!絶品パチンコ『CR築地魚河岸三代目』・・・西陣より直送!!
西陣

CR築地魚河岸三代目
真夏のような暑さとなった2010年5月21日。パチンコ機種の発表会場としては、あまり馴染みのない築地だが、今回は築地を舞台にした新機種ということもあり、東京築地にある「浜離宮・朝日ホール」にて発表会が行われた。発売元は、市場に次々と斬新な機種を送り出している西陣。

新機種の名は『CR 築地魚河岸三代目』。「ビッグコミック」で10年以上に渡って連載されており、多くの読者から愛され続けている人気コミック「築地魚河岸三代目」とのタイアップパチンコだ。

原作は、元銀行員の赤木旬太郎が、築地魚河岸の仲卸「魚辰」の三代目を継ぐことに。右も左もわからぬ旬太郎は、持ち前の明るさ、食いしん坊、好奇心を活かし、大奮闘。築地で起こる様々な出来事を解決していくというストーリーだ。

発表会は、営業統括本部部長・小森孝夫氏の挨拶によって幕を開け、プロモーションDVDによるプレゼンテーションを経て、研究開発部部長・鎌田勉氏より開発コンセプトの紹介と詳細な機種説明がされた。「原作の良さを活かし、バランスの取れた誰にでも受け入れられる要素を盛り込んだ新機種にご期待ください。」と力強く語られた。

スペックは二種類あり、1/309.5→64%確変、時短100回転のFFと、1/151.4→68%確変、時短40回転のM。FFは出玉15R仕様、Mは15Rと7Rの振り分けタイプとなっている。どちらの仕様も遊びやすい上に出玉性能も納得のスペックとなっている。

「目利き、気合い、掛け合い、対決」という4種類のプレイヤー参加型の「セリチャンス」は魚介をセリ落とせば高確率の期待が膨らみ、盤面中央に配置された4匹のタイ役物による演出も見逃せない。大当たりの期待を随所に搭載した新感覚のゲーム性も斬新な印象を受ける。原作の名場面を使用したストーリーリーチや、「めでタイ役物」が勢いよく飛び出す「めでタイボーナス」など、見所・楽しみどころも満載。

同社では、今後プロモーション活動として、「ビッグコミック」誌上にタイアップ広告掲載を始めとして、「美味しい魚介、食べたいキャンペーン」として、同社の携帯サイトにおいてプレゼントコンテンツを開催する予定。さらにパチンコ専門誌や専門サイトにても大々的に広告活動を展開していくとのこと。

発表会の後半には、声優でエッセイストの平野文さんが登場。ご主人が原作のモデルになった本物の「築地魚河岸の三代目」とあって、様々な楽しい裏話を披露された。最後は、築地市場で働く仲買人のみなさんが登場し、実際に30キロの本マグロの「競り」も行われるなど、大きな盛り上がりのうちに発表会は終了した。

全国のホールに登場するのは、最速で7月5日の予定。「食あり 人情あり 勝負あり」の楽しい『CR築地魚河岸三代目』の登場を楽しみに待とう。

このニュースの関連URL:機種図鑑:CR築地魚河岸三代目
このニュースの関連URL:西陣



  • ニュース写真

  • ニュース写真


前へ 次へ

最新ニュース






このページの先頭へ戻る

戻る 777@niftyトップへ戻る