> > 勝利の女神にフェードイン!『CRライディーン』発表・・・高尾より
ニュース
新機種発表
勝利の女神にフェードイン!『CRライディーン』発表・・・高尾より
高尾

CRライディーン
2010年6月2日、今年創業60周年を迎える高尾の新機種発表会が開催された。会場となった東京上野にあるP・player's cafeは、多数の関係者で賑わいをみせた。

映像革命×遊技革命=「黄金革命」というインパクトのあるキャッチコピーの新機種名は『CRライディーン』。モチーフとなった「ライディーン」は1975年に放映されたスーパーロボットアニメの金字塔「勇者ライディーン」のDNAを受け継ぎつつ、新たな命を吹き込まれ復活したアニメーション作品だ。2007年にはWOWOWにて放映され、卓越した3DCGが駆使された美しい映像が話題を呼んだことで記憶に新しい。

発表会は同社代表取締役副社長である内ヶ島隆寛氏の挨拶から始まり「美しい映像を支える新枠・フレアーウイング、業界初の3Dグラフィック演出にどうぞご期待ください。」と力強く述べられた。続いてプロモーション映像の紹介を経て、広報主任の河津哲也氏により、詳細な機種説明が行われた。

本機は新感覚のゲーム性を随所に搭載しているようで、「ハイパーアタックモード」は上部電チューを活用したハイスピード消化を実現している。また、「ハイパー擬似連システム」に至っては擬似回数と発展先リーチへ連動し、変動時間の大幅な短縮に寄与している。大当たり時についても、アタッカー違いの4種類のボーナスに注目だ。さらに予告演出で特徴的なのは、「ハイパー中図柄」が9種類あり、それぞれに予告を盛り上げる役割を持っている。

気になるスペックは、MAXタイプの「女神篇」とミドルタイプの「自警隊篇」の二機種からなり、確変突入率がそれぞれ80%、72%と十分な爆発力を有している。爆発力を求めるならば、「女神編」、遊びやすさならば「自警隊編」がお勧めと言えるだろう。

発表会の最後には、スペシャルゲストとしてオリジナルソング「Let's save the world」を歌う影山ヒロノブ氏が登場し会場を盛り上げた。(大当たりラウンド中には、元Hysteric BlueのヴォーカルTamaさんの歌う「魂の記憶」も楽しめる。)

全国のホールにその黄金に輝く勇姿を現すのは7月予定だ!

このニュースの関連URL:機種図鑑:CRライディーン
このニュースの関連URL:高尾



  • ニュース写真

  • ニュース写真


前へ 次へ

最新ニュース






このページの先頭へ戻る

戻る 777@niftyトップへ戻る