> > ARTを、上乗せを自力で勝ち取れ! 『ギラギラ爺夏』が発表
ニュース
新機種発表
ARTを、上乗せを自力で勝ち取れ! 『ギラギラ爺夏』が発表
大都技研

ギラギラ爺サマー
大都技研より押し順タイプのARTがメインとなる『ギラギラ爺夏(じいさまー)』が発表された。5号機として登場した『爺夏』はボーナス主体型だったが、今回はフルモデルチェンジ。そんな話題を広げる余裕がないほど凝りに凝ったシステムなので、さっそくその解説をさせていただこう。

ARTに突入させるのも大量上乗せを獲得するのも、一発のヒキが肝心となる。ボーナスの合成確率は約1/80と破格なので、レバーONでジャキーンと言わせる初代『吉宗』の爺BIGと同様に力を込めてレバーを叩きたくなる瞬間が多くやってくることだろう。そんなアツい機種に仕上がっている。

そのART突入の契機はボーナス後のみ。ボーナスは大別すると3種類で、青7揃いはBIGで純増約200枚+終了後はART突入確定となるプレミアム役。BAR揃いはREGで12G行なうか5回の入賞で終了。「スイカ・スイカ・パイン」「スイカ・リプ・スイカ」「パイン・パイン・スイカ」はチャンスタイムで253枚払い出しタイプとなっている。

REGとチャンスタイムのところに純増枚数を書いていないのは、どのタイミングで成立するかによって大きく性格が変化するためだ。また、チャンスタイムは性質上、REG成立とSINボーナス成立時点でも終了してしまう。どれだけSINを引かずに引っ張れるかもポイントになるぞ!

通常ゲームからのREGとチャンスタイムは、押し順6択となっているパインの押し順ナビが発生しないので、多くの獲得枚数は望めない。ART突入への入り口と捉えよう。REG中なら青7揃いでART確定。それ以外は、REG・チャンスタイム中ともパインの押し順正解(11枚払い出し)が多いほどART突入への期待度アップとなる。

ART「ギラギラッシュ」は、ボーナス込みで1Gあたり約1.8枚の純増。ゲーム数によって管理されており、突入した時点での最低は50G(最高は500G)となっている。ここで成立したREG・チャンスタイムとも押し順ナビが発生するので、REGは最大純増約40枚。チャンスタイムは最大純増約200枚に。

この時が、ゲーム数上乗せのチャンスだ。押し順ナビに従ってパインを獲得するだけで、最低でも1Gのナビを獲得。REGならチャンス演出の次ゲーム。チャンスタイムは「数ゲーム先まで」上乗せゲーム数の期待度を液晶で表示してくれる(保留玉先読み演出)。100G単位など大きい上乗せが見えてきたら、とにかくそのゲームまでパンクしないことを祈ろう!

ARTのゲーム数を消化し終わると引き戻しARTの「チャレンジラッシュ」に移行。ここもARTとなっており、終了条件はREG・チャンスタイムの成立となっている。ここでも押し順ナビが発生するので、REGは最大純増約40枚。チャンスタイムは最大純増約200枚となるぞ。このREG・チャンスタイム消化中も、REGはメーターがMAXになれば。チャンスタイムは液晶に飛行機が登場するとART復帰確定となる。

「ギラギラッシュ」中と「チャレンジラッシュ」中は、REG・チャンスタイム以外にもARTゲーム数の上乗せ抽選を行なってくれる。上乗せ抽選に当選する確率は「ハズレ>スイカ>チェリー>パイン」だが、当選した時に上乗せされるゲーム数は反比例(パインのほうがアツい)するのが特徴だ。「チャレンジラッシュ」中の上乗せ抽選に当選した場合は「ギラギラッシュ」に復帰するぞ。

アツくなれる瞬間が満載の『ギラギラ爺夏』。導入は8月上旬を予定しているぞ!

このニュースの関連URL:機種図鑑:ギラギラ爺サマー
このニュースの関連URL:大都技研




前へ 次へ

最新ニュース






このページの先頭へ戻る

戻る 777@niftyトップへ戻る