> > 新たな魔戒を体感せよ!『CR牙狼〜陰我消滅の日〜』 Sansei R&Dより登場!
ニュース
新機種発表
新たな魔戒を体感せよ!『CR牙狼〜陰我消滅の日〜』 Sansei R&Dより登場!
サンセイR&D

CR牙狼〜陰我消滅の日〜
発売以来、今なおホールで高い人気を誇り、パチンコ機種にひとつの伝説を作り上げた『CR牙狼』。このメガヒット作が、その姿を一新して2010年に再びホールに登場することになった。

右打ちによる高速消化と高い確変継続率・・・類い希な出玉性能を兼ね備えている前身機は、爆裂機種として圧倒的な地位を確立した。しかしその反面、連チャンゾーンの「魔戒チャンス」突入率は実質約1/800と、かなりの難関であったことも事実。
そのため、ホールでの遊技に二の足を踏むユーザーもいたことであろう。しかし今作は基本的には前身機のテイストを活かしつつ、初当たり確率を大きく下げた軽いスペックとなっており、遙かに遊びやすくなっているのが特徴だ。

大当たり確率はなんと破格の約1/148(魔戒チャンス突入率は、従来通り50%)。オール9ラウンドで継続率は82%と連チャン性能も抜群。ただし、大当たり出玉は10カウント×9ラウンド×6個と少なめになっている。

スペックがライトミドルタイプになったことで、遊びやすさはこれまでとは比較にならないほどに向上した。これにより、気軽に爆裂連チャンの興奮を味わえることだろう。

その他、盤面ギミックもリニューアルされており、より迫力が増している。また、演出面でも大きな進化を遂げている。特に牙狼スペシャルリーチVSハンプティは見もの。ハンプティは巨体を行かした怪力と固い装甲を持つ大型のホラーで、今作が初登場となる。

他にも「次回予告」や「VFX予告」など迫力満点の演出が目白押し。「心滅モード」では、保留先読み機能が追加され、ホラーを倒せば牙狼スペシャルリーチへ発展する。また、ラウンドバトルも一新され新たなホラーが牙狼の行方をさえぎる。前作のファンにも納得の進化は、これから『牙狼』を打つファンにも当然支持されることは間違いない。

スペック上では、「魔戒チャンス突入→ベロ入賞→電チュー入賞→Vゾーン入賞→大当たり」ではなく、あくまで約1/20のデジタル抽選に変わるなどの変更もされているが、高い大当たり確率のために、スピード感は従来とほぼ同じだ。(Vゾーンの代わりにデジタル抽選が行われる)

今秋には、いま話題の3D映画として「牙狼〜RED REQUIEM〜」が上映される。監督は雨宮慶太氏で冴島鋼牙〜黄金騎士ガロを演じるのは小西遼生氏。テーマ曲を歌う影山ヒロノブ氏もザルバ役で声の出演をする。
映画とパチンコの相乗効果で一層の盛り上がりが期待されるこの夏、全国のホールへの登場は2010年8月中旬を予定している。

このニュースの関連URL:機種図鑑:CR牙狼〜陰我消滅の日〜
このニュースの関連URL:サンセイR&D




前へ 次へ

最新ニュース






このページの先頭へ戻る

戻る 777@niftyトップへ戻る