> > 3種類のARTを選べる『デルタトリガー』が発表
ニュース
新機種発表
3種類のARTを選べる『デルタトリガー』が発表
ニューギン

デルタトリガー
ニューギンより「プレイヤー選択型」のART機『デルタトリガー』が発表された。

プレイヤーが選択するのはARTの種類そのものだ。どのARTも1Gあたりの増加枚数は約1.5枚だが、基本となるゲーム数やARTの連チャンシステムを選ぶことができるのだ。

ARTに突入すると3人のキャラクターの選択画面が表示される。ここで「アッシュ」を選ぶとRUSH:1のバトルループタイプへ。20Gで1セットとなっており、ARTの継続はループ抽選にゆだねられることとなる。そのループ率は「70%・80%・85%・90%・95%」の5種類だ。後半10Gのバトルでアッシュが倒れなければART継続となる。

選択画面で「シャイニー」を選ぶとRUSH:2の直感ミッションタイプへ。こちらは30Gで1セット。その30Gを消化した後はミッションへ。ここで「ボーナス・ベル・ベル」の3択小役を正解できると、再度30GのARTへ。ミッション突入前のART部分でスイカやチェリーが成立するとナビ獲得のチャンス。ミッションの時に正解となる7の色を教えてくれるぞ。

選択画面で「セイリュウ」を選ぶとRUSH:3の一撃上乗せタイプへ。こちらはまさにイチかバチか。ARTではなく「10G・20G・30G」いずれかの長さのチャンスゾーンに移行する。このチャンスゾーンを突破すればART突入確定。またチャンスゾーン中やその後のART中にボーナスか緑7揃い(特殊リプレイ)が成立すると大量上乗せのチャンス。上乗せゲーム数は「30G・50G・100G・200G・300G」。こゲーム数がゼロになるまでの間、上乗せし続けるのでツボに嵌れば一撃必殺となるだろう。

そのART突入のタイミングはボーナス終了後だ。ボーナスは2種類で、赤7揃いは純増約245枚のBIG。BAR揃いは8Gで終了するREGで、純増は通常ゲームで成立した場合は約12枚。ART中に成立した場合は約30枚だ。通常ゲームは低確・高確・天国の3つのモードから成っており、良いモードでボーナスを引けたほうがARTの期待も高くなるようだ。これらのモードは背景「昼<夕<夜」である程度示唆してくれる模様。

なお、これ以外に通常時のミッション(10Gでリプレイを1回獲得せよ、など)を5回クリアすると、次回ボーナス時にART突入確定となる潜伏モードに移行する。このミッションのクリア状況は、ボーナスに当選してもARTに突入するまで持ち越すので、これが天井的な意味合いとなるだろう。

3種類のARTをプレイヤーが選べる『デルタトリガー』の導入は9月6日を予定しているぞ!

このニュースの関連URL:機種図鑑:デルタトリガー
このニュースの関連URL:ニューギン




前へ 次へ

最新ニュース






このページの先頭へ戻る

戻る 777@niftyトップへ戻る