> > サンライズ初の萌え系アニメ「舞-HiME」がパチスロになって登場!
ニュース
新機種発表
サンライズ初の萌え系アニメ「舞-HiME」がパチスロになって登場!
岡崎産業

舞-HiME
9月8日、上野ラ・ベルオーラムにて、岡崎産業の新機種『舞-HiME』の発表会が行われ、多くのプレス関係者が訪れた。

本タイトルはガンダムシリーズでも有名なあのサンライズが手がけた初の萌え系アニメ。岡崎産業社長である宮田龍一氏の挨拶、そして開発陣の機種説明の後にはサプライズゲストとして、株式会社サンライズ・キャラクターワークス事業部副事業部長でありこの舞-HiMEというタイトルの生みの親でもある古里尚丈氏が登場し、本作品にかける意気込み、そしてこのアニメが生まれるまでの経緯を熱く語った。

本機最大のウリは、原作の世界観を忠実に再現したゲーム性、そして誰にでも手軽に楽しめるスペックである。2種類のチャンスゾーンを持つ出玉に幅のあるRT機でありながらも、ボーナス確率は1/175〜1/114と現行ではトップクラスの数値を誇り、さらには最高設定での出玉率も115%オーバーと、長時間打つプレイヤーにも短時間遊びたいプレイヤーにも受け入れられる嬉しいスペックを搭載している。

さらにはリール面に関しても順押しに、変則押しに……と、どこから押しても楽しめる制御は実に作り込まれたものになっており、打ち込めば打ち込むほど味が出るマシンでもある。

同社からのパチスロ機の輩出は実に久しぶりではあったが、そのビッグタイトルとのタイアップということもあり、実に丁寧に作り込まれた一品であるこのマシン。今秋注目の一台になること必至である。ホール登場は10月18日、期待して待て!

このニュースの関連URL:機種図鑑:舞-HiME
このニュースの関連URL:岡崎産業



  • ニュース写真

  • ニュース写真


前へ 次へ

最新ニュース






このページの先頭へ戻る

戻る 777@niftyトップへ戻る