> > 『超時空要塞マクロス』がパチスロに!
ニュース
新機種発表
『超時空要塞マクロス』がパチスロに!
SANKYO

パチスロ超時空要塞マクロス
一足先にパチンコとして登場していた『超時空要塞マクロス』が、パチスロでも登場する。もちろん、テレビ版・映画版などでもお馴染みの楽曲を搭載。パネル部分には一条輝仕様のバルキリーフィギュアが鎮座。アニメファンならずとも期待したくなるだろう。

気になる中身は、現在主流のボーナスとARTの連鎖によってコインを増やすタイプ。ボーナスは5種類。白7揃いはプレミアムBIGで純増約304枚。赤7揃いはBIGで純増約304枚。青7揃いもBIGで純増約206枚。「赤7・赤7・青7」揃いと「青7・青7・赤7」揃いはREGで純増約32枚となっている。

ボーナスとARTの関係性だが、白7揃いのプレミアムBIG後は「超時空モード」という50G継続するART上乗せの最強区間に移行。この間にボーナスやARTに突入すると、終了後は再度「超時空モード」に突入。再度50G継続するので大チャンスとなる。赤7揃いと青7揃いのBIG中は、白7が3回揃えば終了後に「超時空モード」へ移行するが、3回揃えるのは至難の業!?

REGは4G継続。左右2択の押し順をどれだけ正解(ベル斜め揃いで12枚払い出し)させられるかがカギ。多く揃えられればART突入抽選が優遇される。もちろん、4回揃えばART突入確定。押し順ナビがでることも。また、4回とも不正解(ベル上段揃いで8枚払い出し)だった場合も、ART突入抽選を受けることができる。突入した場合は大量ストックに期待!

ART(バルキリータイム)は押し順ナビタイプとなっており1Gあたりの純増は約1.5枚。1セットは50Gだ。ボーナス中やボーナス終了後だけでなく、通常時のどこからでも突入する可能性あり。通常時は「通常・高確・超高確」の3モードに分かれており、高いモード滞在時にレア小役などが成立するとチャンスとなる。

ART突入の期待が高まる演出は、レバー操作時のショートフリーズだ。リールの回転動作がスローになる。このスロー回転が第3リールまで続けば激アツ。この演出が発生したら全リールに白7を狙おう。白7が揃えばプレミアムBIG。マクロス絵柄が揃えばART確定!? どちらとも揃わなかった場合も平均6G継続する「キュンキュンモード」に移行。ART突入の前兆状態であることを祈ろう。

5号機の王道とも言えるシステムを搭載した『超時空要塞マクロス』の導入は、11月中旬からを予定しているぞ。

このニュースの関連URL:機種図鑑:パチスロ超時空要塞マクロス
このニュースの関連URL:SANKYO




前へ 次へ

最新ニュース






このページの先頭へ戻る

戻る 777@niftyトップへ戻る