> > めくるめく常夏のパラダイスへ『CR常夏蝶々』・・・豊丸からデビュー
ニュース
新機種発表
めくるめく常夏のパラダイスへ『CR常夏蝶々』・・・豊丸からデビュー
豊丸産業

CR常夏蝶々 XRIII
ユニークな機種開発では定評のある豊丸産業からまたもや斬新なスペックをもった期待の新機種が登場する。南国の蝶々をテーマにした『CR常夏蝶々』である。その最大の魅力は継続率97%を誇る「常夏RUSH」と呼ばれる連チャンシステム。ここでの大当たりは2Rながらも、その非常に高い継続率で一撃7000発くらいの出玉は日常茶飯事となる。

この大チャンスに入るために注目したいのがまずはユニークな盤面とゲーム性。中央に配置された役物に飛び込んだ玉が、振り分けを経てスタートチャッカーに入賞するとデジタル抽選がスタートする。バタフライボーナスと呼ばれる7Rの大当たりの後に突入する「バタフライチャンス」を経由し、電チューサポート付き32回転の間に大当たりすれば「常夏RUSH」に突入(突入期待度は約62%)する。またバタフライボーナスを経ずに直接「常夏RUSH」に突入することもあり、トータルでのデジタル確率は約1/217となっている。

役物振り分けでスタートチャッカー入賞というゲーム性をもつ機種は過去にたくさんあったが、いずれも役物に飛び込ませるのが一苦労で、1回転の重みが大きいものが大半だった。しかし本機の場合は、飛び込み口が広く設計され、ビギナーでも比較的容易に飛び込ませることが可能。しかも振り分け比率は約1/5と高めなので、デジタル回転までやきもきするケースは少ないはずだ。よって一般的セブン機に近い感覚で遊技できるだろう。

97%継続の「常夏RUSH」は、調子がよければ100連チャンまたは1万発くらいの出玉は十分に可能。しかも運悪く「常夏RUSH」を抜けてしまっても、その後に訪れる「バタフライチャレンジ」での引き戻しも日常的に期待できる。大当たり〜ラウンド消化と電チューサポート中はすべて右打ちとなるが、それ以外に難しいことは何もなく、初心者でも安心して楽しめるように設計されている。

予告やリーチアクションは、セグを使用したシンプルだが奥の深いものばかり。プッシュボタンを利用した予告演出や先読み予告。そして激アツ「ルーレットリーチ」など、遊技中には目の離せない面白さが味わえるはずだ。「蝶々RUSH」中も同様で、3桁セグが「777」で継続、「333」で終了とシンプルそのものだが、逆転演出などもありスリル満点の豊かなゲーム演出が楽しい。

ホールへの登場は2010年11月15日からを順次予定しているぞ。ユニークなゲーム性、そして一撃大連チャンの夢を持つ魅力的機種『CR常夏蝶々』・・・ホールで見かけたら是非遊技してほしい! 続かないRUSHはRUSHじゃない!

このニュースの関連URL:機種図鑑:CR常夏蝶々
このニュースの関連URL:豊丸産業




前へ 次へ

最新ニュース






このページの先頭へ戻る

戻る 777@niftyトップへ戻る