> > 甘デジ ジョーがリングイン!『びっくりぱちんこ あしたのジョー Light Version』京楽よりデビュー
ニュース
新機種発表
甘デジ ジョーがリングイン!『びっくりぱちんこ あしたのジョー Light Version』京楽よりデビュー
京楽

びっくりぱちんこ あしたのジョー Light Version
ミドルタイプ、マックスタイプで人気を博している『びっくりぱちんこ あしたのジョー』に甘デジタイプが登場する。出玉1450個の15R大当たりと新たに搭載された99回時短(JOE RUSH)が魅力の『びっくりぱちんこ あしたのジョー Light Version』。発売元は京楽産業.だ。

特徴となるのは灼熱の「JOE RUSH」。これは最初の高確率(ST)5回転をふくむ99回の時短モード。ここでの継続率は約75%にもおよび、15R大当たりと絡めば甘デジとは思えない爆発力を味わうことが出来るだろう。また、この「JOE RUSH」は15R大当たりの後だけではなく。5R当たりからも発生する。さらに15R大当たりの比率が24%もあることから、今までの甘デジの出玉に飽き足らなかったファンの心もつかむことができるはずだ。

新しいゲーム性として、5回転確変の激アツゾーン「段平特訓モード」が搭載された。これはモード突入時には1R分の出玉(約80個)を得られる「特訓チャージ」が約束される。この5回転は大当たりの期待度が高まる。また1Rとはいえ、出玉が獲得できるのもうれしい点だ。新たに玉を借りずにこの5回転を消化できるパターンが増えた点はユーザー目線といえる。

さらに、前作にはなかった新たな演出や仕掛けも満載だ。通常時の「下町モード」には「新丹下ジム」ステージが追加され多彩な予告演出を楽しめるようになった。一方、力石が過酷な減量とトレーニングでジョーとの対戦に向けて腕を磨いた白木ジムの地下室も新たなステージとして追加された。密室に漂う緊張感が新たな展開を予感させる。ここからすべての期待度がアップする「力石幻影ゾーン」への突入も期待できる。

信頼度50%オーバーの「ジョー右ストレート」、「力石幻影ゾーン」の突入契機となる「力石アッパー」は、炸裂すれば激アツのギミック。他にもゼブラ柄やP-フラッシュなど、京楽のお家芸演出がもちろん楽しめる。

全国のホール導入は2010年11月中旬からの予定。寒さを感じる時期に、身も心もエキサイトしてホットになる甘デジ『びっくりぱちんこ あしたのジョー Light Version』のリングインを待て!

このニュースの関連URL:機種図鑑:びっくりぱちんこ あしたのジョー
このニュースの関連URL:機種図鑑:びっくりぱちんこ あしたのジョー Light Version
このニュースの関連URL:京楽




前へ 次へ

最新ニュース






このページの先頭へ戻る

戻る 777@niftyトップへ戻る