> > SPEED&FIGHT 『CR FEVER タイガーマスク』興奮のST80バトル・・・SANKYOよりリングイン!
ニュース
新機種発表
SPEED&FIGHT 『CR FEVER タイガーマスク』興奮のST80バトル・・・SANKYOよりリングイン!
SANKYO

CRフィーバータイガーマスク
「白い〜マットの〜、ジャングルに〜、今日もあらしが吹きあれる〜」40代以上の方ならば、誰もが聞いたことがあるあの曲に乗って、期待の新機種がリングインする。その名も『CR FEVER タイガーマスク』。発売元は、大手メーカーのSANKYO。

タイガーRUSHと呼ばれるST80回転を搭載した現行機種、最強のスペックを誇るMAXタイプのST機種だ。大当たり確率は1/370.3→ST中確率1/43.9 ST80回転(突入率95%) 14R(出玉振り分けあり)というスペック。通常時の潜伏当たりが24%あるので、実質的な大当たり確率は1/399程度となる。

大当たりとST消化は、右打ちで非常にスピーディー。一旦「タイガーRUSH」に突入すれば、ドル箱山積みが十分に期待できる。とりわけ、電チューサポート時の大当たりは80%が14Rのビッグボーナスとなる点がすごいのだ。

モチーフとなった「タイガーマスク」は、梶原一騎原作、辻なおき作画のプロレス漫画およびアニメ作品で、1968年1月より「ぼくら」での連載が開始され、ちびっこファンを夢中にさせたプロレス漫画の伝説的名作だ。「虎だ!お前も虎になるのだ!」の決めセリフで悪役レスラーと戦う孤独な戦士タイガーマスクの活躍は少年漫画の王道ともいえるストーリーが魅力。

本機種の予告やリーチでは、その原作の世界観が十分に活かされている。原作を読んだことがある人ならば、「虎の穴」の刺客として送り込まれる悪役レスラーの登場も懐かしく感じるはず。また、盤面役物「ガッタイガー」をはじめとして、すべての演出が現代風の味付けがされており、始めて打つ人でも、夢中になれる要素が満載となっている。とりわけ、「ガッタイガー」が予告段階で完成すれば激アツ。またプレイヤー参加型の演出としてV-コントローラーの一撃で当てる爽快感も楽しめる。

正義のために闘い続ける迫力と感動のプロレス巨編!「タイガーマスク」の導入は2010年12月6日の予定。ホールを沸騰させるアツイ闘いの日を待て!

このニュースの関連URL:機種図鑑:CRフィーバータイガーマスク
このニュースの関連URL:SANKYO




前へ 次へ

最新ニュース






このページの先頭へ戻る

戻る 777@niftyトップへ戻る