> > 黒から赤へ〜変貌パチンコ登場!『CR ブラックスパイダーマン』・・・高尾より
ニュース
新機種発表
黒から赤へ〜変貌パチンコ登場!『CR ブラックスパイダーマン』・・・高尾より
高尾

CRブラックスパイダーマン
ユニークな機種開発で知られる高尾から期待の新機種が登場する。シリーズ4作目となる『CRブラックスパイダーマン』だ。2010年プレス発表会が行われた東京・上野のP・PLAYERS'Cafe は、話題の新機種ということで多数の関係者で超満員となった。

初代から早くも4作目となる本機種は、「スパイダーマンと共に成長し続ける高尾」という言葉にふさわしい仕上がりとなっている。プレス発表会では、プロモーション映像によるプレゼンテーションに続いて、同社・代表取締役副社長の内ヶ島隆寛氏より「創業60周年を迎える高尾です。パチンコ業界の活性化にむけて社員一同いっそうの努力をして参ります。今後も高尾をよろしくお願いします」と挨拶が述べられた。その後、営業部広報主任・河津哲也氏より詳細な機種説明が行われた。

「爽・快速スペック」がキャッチフレーズの本機種。スピードは当たり前として更にプレイヤーに与えるストレスを限りなくゼロに近づけるように設計されている。右打ちで消化する確変中は少出玉リスクがゼロ、電チューサポート中の変動スピードは圧巻の0.6秒、リーチアクションも省略され次回大当たりまで平均77秒という短時間が特徴だ。

ボーナスは出玉違いで7種類存在。あらゆる展開から大当たりにつながり、BBB(ベスト・ボーナス・バランス)と名づけられる通り、3系統のボーナスがすべて同じ比率で発生する。1変動で3回、どのボーナスにも突入するチャンスがある点がユニークだ。
また「チャレンジモード移行システム」と呼ばれる新感覚の演出が楽しめる。これは「スパイディーチャレンジ」とネーミングされているもので、従来のモード移行(確変)と同時に大当たりまでもが期待出来るというものだ。

盤面を飾る役物は「スパイダーフィギュア」「スパイダーゲート」「スパイダーアイ」「スパイダーパトランプ」と豊富。これらが液晶演出と連動して多彩な予告やリーチアクションを展開する。全体のテイストは、映画「スパイダーマン3」で登場するブラックスパイダーマンにフィーチャー。心の闇に打ち勝つと大当たりの期待が高まるというものだ。いたるところで黒から赤へと変貌していくスパイダーマンから目が離せない。

シリーズ機種は2つあるが、内容面とスペックがかなり異なっている。大当たり確率1/378(1/37.8)確変突入率78% 40 or 80回の時短の「黒宝」と、1/159.9(1/15.9)確変突入率70%の「欲望」がある。基本的な演出は同じだが、出玉性能とスペックはかなり違うので打つ際には注意が必要だ。

全国のホールに登場するのは2011年1月中旬を予定。新春のホールを賑やかに彩る『CRブラックスパイダーマン』に期待が高まっている。

このニュースの関連URL:機種図鑑:CRブラックスパイダーマン
このニュースの関連URL:高尾



  • ニュース写真

  • ニュース写真


前へ 次へ

最新ニュース






このページの先頭へ戻る

戻る 777@niftyトップへ戻る