> > 山佐から新機種『燃えよ!功夫大戦』が発表!
ニュース
新機種発表
山佐から新機種『燃えよ!功夫大戦』が発表!
山佐

燃えよ!功夫大戦
自粛開けに颯爽と登場した『戦国無双〜猛将伝〜』の興奮もさめやらぬ中、早くも山佐から新機種が発表された。その名も『燃えよ!功夫大戦』、現在各ショールームでは展示試打会が催されている。

本機は4号機時代からAタイプ、ストック機とあらゆる場面で活躍してきた山佐のオリジナルキャラクター、「チーパオ」が登場するシリーズもの。5号機で登場したからには当然、現在の主流となっているART機能を引っさげての登場である。

継続率&ストックのダブル構成で管理されるART「功夫RUSH」が出玉のキモとなる本機だが、見どころはそのARTの抽選契機にあるといえよう。

まずは通常プレイ中。レア役などの移行契機を経て突入するART当選のチャンスゾーン的な役割を果たすモードが、なんと複数存在する。一つは「試練の刻」と呼ばれるミッション型のハイモード、そしてもう一つが「武天の刻」と呼ばれる毎ゲーム抽選型のハイモードだ。従来のART機はこうしたARTチャンスゾーンを複数持つものは少ないため、まさに画期的なシステムである。

そしてもう一つの画期的なシステムが、BIG中に存在する。本機のBIG中にも昨今のART機の多くに搭載されている「7揃い」なるART当選契機があるのだが、なんと本機では全てのリールに7絵柄を狙って揃わなかった後、メインリールが再始動し7揃いが完成する……という驚くべき機能があるのだ。一瞬自らの目を疑うこの興奮は、是非ホールで体感していただきたい。

画期的なシステムで興奮必至の『燃えよ!功夫大戦』。ホールデビューは2011年1月末予定。年明け一発目の話題をかっさらう一台であろう。

このニュースの関連URL:機種図鑑:燃えよ!功夫大戦
このニュースの関連URL:山佐




前へ 次へ

最新ニュース






このページの先頭へ戻る

戻る 777@niftyトップへ戻る