> > ゲーム数上乗せ型のARTになった『秘宝伝〜封じられた女神〜』が発表!
ニュース
新機種発表
ゲーム数上乗せ型のARTになった『秘宝伝〜封じられた女神〜』が発表!
大都技研

秘宝伝〜封じられた女神〜
ストック機時代のラストを飾った人気機種『秘宝伝』が5号機として甦る。今回の高確率は「秘宝RUSH」と名付けられたARTの突入のチャンス! ARTはゲーム数上乗せに特化したタイプとなっているぞ。

ボーナスは6種類。赤7揃い・白7揃い「赤7・赤7・白7」揃い「白7・白7・赤7」揃いの4種類はBIGで平均210枚の純増。「赤7・赤7・BAR」揃いと「白7・白7・BAR」揃いはREGで純増36枚から60枚となっている。これらのボーナスは、通常時に成立したか、高確率中&ART中に成立したかで性格が変化する。

通常時に成立したBIG中はカットイン発生時にピラミッド絵柄を狙おう。見事に揃えば高確率突入確定。中段揃いならARTに突入するまで高確率が継続。また、複数回揃った場合は、高確率が内部的にストックされる。REG中は押し順3択を当てるミニゲームとなっている。ベルが平行に揃えば不正解。斜めに揃えば正解だ。1G目に正解すると、2G目以降は3択を2択にするナビが発生するようになる。2G目から6G目までの正解数に応じて、高確率突入が抽選されるぞ!

高確率中やART中に成立したBIG中は、やはりカットイン発生時にピラミッド絵柄を狙おう。見事に揃えばARTのゲーム数を上乗せ。REG中は、押し順を正解するごとにARTのゲーム数を上乗せ。また、BIG・REGともに、ボーナス終了時にはボーナスを引いたお祝いのARTゲーム数も上乗せしてくれる。

ARTは、必ず高確率を経由して突入するのが特徴だ。高確率は、もちろん通常時からも突入する可能性あり。ピラミッド絵柄が絡む特殊小役や、チャンス目の後に期待。通常時には「昼<夕方<夜」と3パターンの背景があり、夕方や夜で引ければチャンス。この背景移行はスイカやチェリーといったレア役がカギを握っている。レア役の合算は1/30程度。チャンス目も1/80程度なので、タイミング良く引けることを祈ろう。

その高確率の継続ゲーム数は「15G・30G・無限」の3パターン。15GでのART突入期待度は約30%。30Gでは50%強。無限は、ARTに突入するまで高確率が継続してくれる。

ARTの1Gあたりの純増は約1.4枚で、突入段階では50Gから開始。ARTはゲーム数上乗せが強化されている。特定役を引いた時にゲーム数を上乗せ。そして、前述のようにボーナス当選でも上乗せされる。また、スイカ成立時にゲーム数上乗せがされなかった場合は「超秘宝RUSH」に移行する可能性あり。「超秘宝RUSH」中は、レア役での上乗せ確率100%。しかも大きなゲーム数が選択されやすいようだ。このRUSHは、最低でも20Gが保証。そこからはパンク抽選に当選するまで継続してくれる。しかも、この間はARTのゲーム数も減算されないぞ。

システムの解説に終始してしまったが、液晶を見れば懐かしいキャラクターや演出に涙するハズ。『秘宝伝〜封じられた女神〜』の導入開始は、2011年1月下旬から2月上旬を予定しているぞ。

このニュースの関連URL:機種図鑑:秘宝伝〜封じられた女神〜
このニュースの関連URL:大都技研




前へ 次へ

最新ニュース






このページの先頭へ戻る

戻る 777@niftyトップへ戻る