> > 色あせない感動、再び『タイタニック ザ・パチンコ』・・・Daiichiより発売!
ニュース
新機種発表
色あせない感動、再び『タイタニック ザ・パチンコ』・・・Daiichiより発売!
Daiichi

タイタニック ザ・パチンコ
アカデミー賞を独占するなど大ヒットを記録したハリウッド映画の大作がついにパチンコになって登場する。発売元は、歌ものパチンコのヒット機種を飛ばしている老舗メーカーのDaiichi。今回は『トムとジェリー』に続いてのタイアップ機となる。その素材は誰もが知っている悲劇の豪華客船をモチーフにした映画「タイタニック」。一部実話に基づいた悲恋のストーリーが大きな感動を生んだドラマチックな作品だ。

2011年1月11日。プレス発表会が行われたマンダリンオリエンタル東京には話題沸騰の新機種ということもあり、多数のプレス関係者が集まった。発表会はまず、株式会社大一商会・大一販売の代表取締役、市原高明氏の挨拶で幕を開けた。「大一は、全グループ一丸となって機種づくりに努力して参りました。タイタニック ザ・パチンコは、プレイヤー目線で作り込んだラグジュアリー感あふれる作品です。どうぞご期待ください。」と力強く述べられた。

プロモーション映像による機種紹介に続いて、同社・商品開発部企画開発グループ 石田浩一氏による詳細な機種説明が行われた。新機種は今までにない斬新な役物や、予告演出などが目白押し。とくに盤面前面にせり上がってくる「船首役物」は必見。さらに「碧洋のハート役物」が激アツ演出を司る。今作より登場する美しい「Dラグジュ」筐体も素晴らしい出来映えだ。告知アイテムともなる「ラッキースピン」は従来のプッシュボタン演出とは一線を画している。光り回るそのアクションには目を奪われるはずだ。

リーチは原作の名シーンを取り入れた大量の実写系アクションが何と言っても見物。さらには、原作のモチーフを最大限に活かしたパニックシーンを遊技の中に組み込むモード演出が面白い。8回転ごとにストーリー継続か否か運命の時が刻まれる。(ストーリーが継続すれば高確率の期待大となる)小当たりの場合は32回転で終了するこのモードだが、内部確変に当選している場合は「スーパーパニックゾーン」に移行するから止めどきにも迷わない。

スペックは「遊べるミドルスペック」として1/299.8の大当たり確率に、確変継続率66%というバランスのとれたもの。ヘビーユーザーにもパチンコ初心者にも楽しめる内容となっているのだ。

発表会の後半には現在放映中の『タイタニック ザ・パチンコ』のテレビCMでお馴染みのジャガー横田、木下博勝夫妻がローズとジャックのコスプレで登場。CM撮影の秘話やエピソードの紹介とともに楽しいトークショーが繰り広げられた。

全国のホールに登場するのは、2011年2月7日の予定。美麗な液晶で映画館にいるような感動を味わえる『タイタニック ザ・パチンコ』の登場を楽しみに待とう。

このニュースの関連URL:機種図鑑:タイタニック ザ・パチンコ
このニュースの関連URL:Daiichi



  • ニュース写真

  • ニュース写真


前へ 次へ

最新ニュース






このページの先頭へ戻る

戻る 777@niftyトップへ戻る