> > あの人気作品「孔雀王」がパチンコに『CR孔雀王』・・・Sansei R&Dより登場
ニュース
新機種発表
あの人気作品「孔雀王」がパチンコに『CR孔雀王』・・・Sansei R&Dより登場
サンセイR&D

CR孔雀王
「孔雀王」は、密教世界をモチーフにした萩野真の作品。ゲームや映画にもなるなど熱狂的なファンも多い人気漫画だ。この作品が『CR牙狼〜RED REQUIEM〜』が好評稼働中のSansei R&Dよりパチンコ機種としてデビューする。

スペックは2種類用意され、1/358→1/36 トータル継続率74% の『CR孔雀王XX』と、1/309→1/31 トータル継続率80.3%の『CR孔雀王MA』。ともにSansei R&Dらしくバトルタイプの仕様となっている。(XXは約1500個、MAは1030個の出玉、ともに時短振り分けタイプ)

気になるゲーム性は原作の世界観をもとにパチンコ機種の演出としてふくらませた魅力的なものであふれている。伝説の大魔王「孔雀王」の復活を画策する大聖歓喜天、黄播星に操られた死人・・・・・複雑に入り組んだ出生の秘密を縦糸として世界中の色々な神話をモチーフとした壮大なストーリーが予告やリーチアクションに活かされている。

とりわけ、主人公の孔雀と阿修羅を中心にしたストーリー系のリーチは迫力満点で見応え十分。盤面を覆う超巨大役物「飛翔」は完成すれば、激アツの「孔雀VS鳳凰リーチ」または「3Dリーチ」に発展する。大当たりすれば右打ちで高速消化が可能。

さらに、ゲーム演出を盛り上げる声優陣が豪華だ。主人公の孔雀には保志総一朗、阿修羅役は日笠陽子そして、黄海峰には諏訪部順一というラインナップになっている。また収録曲もパパイヤ鈴木など個性派アーティストが3人もフィーチャーされているのだ。

全国のホールに登場するのは、2011年1月24日の予定。美麗な液晶で原作以上の興奮が味わえる『CR孔雀王』のデビューを待て!

このニュースの関連URL:機種図鑑:CR孔雀王
このニュースの関連URL:サンセイR&D




前へ 次へ

最新ニュース






このページの先頭へ戻る

戻る 777@niftyトップへ戻る