> > シリーズ最高傑作マシン『CR暴れん坊将軍 不死身の闇烏(やみがらす)』・・・藤商事より、ここに誕生!
ニュース
新機種発表
シリーズ最高傑作マシン『CR暴れん坊将軍 不死身の闇烏(やみがらす)』・・・藤商事より、ここに誕生!
藤商事

CR新暴れん坊将軍 不死身の闇烏
時代劇タイアップパチンコの開発において評判の高い藤商事の新機種が発表になった。プレス発表会が行われた2011年1月25日、東京・目黒雅叙園は人気シリーズ機ということで沢山の報道関係者で賑わった。その名も『CR暴れん坊将軍 不死身の闇烏』は、藤商事の大好評シリーズの2011年バージョンとなる。「シリーズ史上最高傑作マシン ここに誕生」と銘打たれた新機種の登場だ。

発表会はまず株式会社藤商事・専務取締役の井上孝司氏の挨拶で幕を開けた。「厳しい市場の状況の中、既成概念をリセットとしつつ、新しい流行を作り上げていく藤商事です。業界を盛り上げていくために満を持して送り出した新機種が『CR暴れん坊将軍 不死身の闇烏』になります。新機種共々、今後も藤商事をよろしくお願いします」と力強く述べられた。

続いて、同社の商品開発部販売促進課の上平ひかり氏より開発コンセプトや詳細な機種紹介が行われた。紹介は、時代劇パチンコにふさわしく舞台演劇さながらの殺陣や和楽器の生演奏を取り入れた斬新な演出で会場を盛り上げた。

新機種のセールスポイントとなっている将軍三ヶ条は、「鷹狩りモードに興ずべし」「新作ストーリーを味わうべし」「将軍リールを回すべし」の3つ。鷹狩りモードは大当たりの約40%にからむ重要なモード移行演出で、随所にチャンスアップパターンが盛り込まれている。また、本機種のために撮り下された映像は、松平健・安達祐実・曙太郎などの豪華キャストを使用した新ストーリーで展開される。さらに、盤面下部のギミック「将軍リール」は予告やリーチ時に変幻自在のアクションを起こし、なんと大当たりの70%に絡むという重要な役物だ。

スペックは、1/358.2(確変中:1/39.9) 確変継続率73% 時短70回のFPHと、1/318.1(1/39.9)確変継続率69.5% 時短70回のFPMの2つ。ともにオーソドックスなミドルタイプとなっている。どちらも、出玉と大当たり確率〜確変継続率のバランスが取れたスペックだ。

同社では、発売に合わせて冬にふさわしいモーグルスキーシーンを盛り込んだテレビCMを放映する。またスペシャルサイト「大江戸タウン」を開設したり一般試打会を大阪と福岡にて開催するなど、エンドユーザーの拡大に努めていく予定だ。

全国のホールに登場するのは最速で2011年2月21日を予定。新春にふさわしい大衆娯楽機『CR暴れん坊将軍 不死身の闇烏』の登場はまもなくだ。

このニュースの関連URL:機種図鑑:CR新暴れん坊将軍 不死身の闇烏
このニュースの関連URL:藤商事



  • ニュース写真

  • ニュース写真


前へ 次へ

最新ニュース






このページの先頭へ戻る

戻る 777@niftyトップへ戻る