> > あの「合体」再び…『CRフィーバー創聖のアクエリオン 転翅篇』新スペックで登場!
ニュース
新機種発表
あの「合体」再び…『CRフィーバー創聖のアクエリオン 転翅篇』新スペックで登場!
SANKYO

ニュース写真
2007年にSANKYOから発売され大ヒットを記録した『CRフィーバー創聖のアクエリオン』の後継機種が誕生する。当時「あなたと合体したい」という印象的なフレーズと、一度耳にしたら忘れられない印象的な楽曲を使用したCMも記憶に新しい。その大ヒット機種がまったく新しいスペックを搭載して再びホールを賑わすことになった。

2011年2月3日。新型機発表展示会が行われた東京・ベルサール秋葉原は、一般ファンを対象としたプレミアイベントが同時開催されるということもあり多数の来場者で賑わいをみせた。
司会のアメリカザリガニさんによる機種紹介が行われると、原作・監督の河森正治さん、シルヴィア役の声優かかずゆみさん、リーナ役の佐藤ひろ美さんが登壇。「このパチンコ機でしか見られない新しい必殺技を演出に盛り込むなど、ますますパワフルになって帰ってきます。合体は爆発です!」との監督のコメントに会場からは歓声が! さらに、主題歌を歌うAKINOさんによるプレミアLIVEステージやサイン入りポスタープレゼント会なども行われ、パチンコファンのみならず原作ファンにとっても満足のイベントとなった。

さて、気になる新機種のスペックは「DAT(Dead or Alive Time)」という機能が搭載された斬新な仕様となっている。大当たり確率は1/316.6で確変突入率は100%。確変中の大当たり確率が1/31.7、そして確変転落確率が1/52.8。つまり転落しなければ無限に確変状態がループしていくことになり、大当たり(Alive)と転落(Dead)のどちらを先に引くかが鍵を握るというゲーム性が最大の特徴となっている。

大当たりの後は「天翔モード」演出となり、約20回転に1回の割合で、大当たり(Alive)と転落(Dead)の状態を示唆するモード移行演出が発生する。電チューサポート100回転のうちに大当たりを仕留めることが出来れば再度「天翔モード」突入となる。(理論上のループ率は70%) モード移行で演出エリアが変化するたびに、確変継続か転落かプレイヤーの興奮もふくらんでいく。

ゲーム演出は、前作以上に原作の世界観が見事に表現されている。とくに盤面役物が可動する「合体&気持ちいい〜予告」は大チャンス。アクエリオンGOLD、LUNA、MARSの必殺技が炸裂するストーリー系リーチや多彩な予告演出も見物だ。もちろんこの機種のために用意された楽曲「創聖のアクエリオン」や「Go Tight!」なども楽しめる。

全国のホールにその金色の姿を現すのは最速で2011年3月7日を予定。ホールを熱くさせる新スペック「DAT(Dead or Alive Time)」を体感できる日はまもなくだ。

このニュースの関連URL:機種図鑑:CRフィーバー創聖のアクエリオン 転翅篇
このニュースの関連URL:SANKYO



  • ニュース写真

  • ニュース写真


前へ 次へ

最新ニュース






このページの先頭へ戻る

戻る 777@niftyトップへ戻る