> > 漕ぎ出せ・・・!勝負の大海へ『CR弾球黙示録カイジ2』高尾より再び!
ニュース
新機種発表
漕ぎ出せ・・・!勝負の大海へ『CR弾球黙示録カイジ2』高尾より再び!
高尾

CR弾球黙示録カイジ2
大ヒットパチンコ『CR弾球黙示録カイジ』の後継機種がついにデビューする。原作は福本伸行氏のメガヒット漫画。すでにテレビアニメだけでなく映画化もされているギャンブルをリアルに描いた超人気作品だ。前作の大ヒットを受けて後継機種の発表が待たれていたが、ついに『パチンコCR弾球黙示録カイジ2』が登場する運びとなった。

プレス発表会が行われた2011年2月25日、今春から放映予定のアニメ「逆境無頼カイジ破戒録篇」との合同記者発表会を兼ねていることもあって会場となった東京・原宿クエストホールはメディア関係者などで超満員となった。合同発表会は株式会社高尾代表取締役副社長の内ヶ島隆寛氏の挨拶で幕を開けた。続いて、同社の営業部広報主任の河津哲也氏によって新機種のプレゼンテーションとプロモーション展開についての説明が行われた。

前作を凌駕する圧倒的クオリティを追求して作られた本作は、「圧倒的新化!!!」と言うほどの自信作だ。予告やリーチは原作の世界観が巧みに活かされており、迫力満点。そして特筆すべきは、完全リニューアルされた盤面役物「狂宴のギロチン」「欲望の心臓」「回生の歯車」が予告やリーチ演出で多彩なアクションをみせてゲームを盛り上げている点だ。他にも、地下チンチロ勝負、地獄パチンコ「沼」、地雷ゲーム17歩などがスペシャルリーチとして取り入れられており、原作を知っている人ならば納得の演出が盛りだくさんだ。

スペックは2種類あり両方とも右打ちで消化するMAXタイプのST仕様。「カイジ2 開司」と「カイジ2 利根川」は共に大当たり確率1/389.9。高確率中の確率は「開司」が1/39.3、「利根川」が1/53.1となっている。(両機種とも15R大当たりが基本だが、「利根川」は賞球出玉が多めに設定されている)

発表会の後半ではスペシャルゲストとして、アニメの吹き替えでカイジ役をつとめている萩原聖人さん、そして利根川役の白竜さん、原作者の福本伸行さんの3人が登場してトークショーが行われた。こだわり抜いて吹き替えも担当したという萩原さん、白竜さん、そして原作について語る福本さんの熱いトークで会場は大きな盛り上がりをみせた。

実写映画もアニメも第2弾の公開がすでに決定しており、今後も『パチンコCR弾球黙示録カイジ2』から目が離せない。全国のホール登場は2011年4月18日の予定だ。楽しみに待とう。ざわざわ・・・

このニュースの関連URL:機種図鑑:CR弾球黙示録カイジ2
このニュースの関連URL:高尾



  • ニュース写真

  • ニュース写真


前へ 次へ

最新ニュース






このページの先頭へ戻る

戻る 777@niftyトップへ戻る