> > 人情活劇パチンコ『CR佐武と市捕物控』・・・ニューギンより登場!
ニュース
新機種発表
人情活劇パチンコ『CR佐武と市捕物控』・・・ニューギンより登場!
ニューギン

CR佐武と市捕物控
石ノ森章太郎の不朽の名作「佐武と市捕物控」が人情活劇パチンコとしてデビューする。モチーフとなったのは、江戸を舞台に、下っ引の佐武と盲目のあんま師、市がコンビを組んで難事件の解決に挑む時代劇漫画(1967年小学館漫画賞受賞作品でアニメ、テレビドラマ、DVD化もされている)。

時代劇パチンコを作らせたら業界随一と評判の高いニューギンから満を持してのデビューとなる。高稼働を誇った同社のサイボーグ009は加速がキーワードだったが、今作は「疾走」がコンセプト。その言葉通りスピード感あふれるゲーム性と出玉性能が魅力となっている。

スペックとしては、ニューギンミドルロー高確率タイプ第2弾として開発され、CRジャンボラッシュ同様に「当たりやすくてツボにはまれば大連荘!」が特徴だ。大当たり確率は約1/308.6(1/35.07)で、継続率約85%は波に乗ればマックスタイプに引けをとらない出玉性能を持つ。また、大当たり後の変動短縮が加速する機能を搭載したことで、消化率も格段に上がっている。

気になる演出は、原作の世界観を活かしつつ、ニューギンのお家芸とも言える美麗な液晶による多彩なモード移行演出を核としたゲーム性が魅力だ。「居合いフラッシュ予告」として、激しい閃光と共に、盤面役ものの居合い抜きが発動すれば激アツ!また市と佐武が突如現れて画面をぶった斬る「斬撃カットイン予告」も見逃せない。

さらに収録楽曲として、人気のスリーピースロックバンド「GO!GO!7188」によるノリのいい「こいのうた」や「浮舟」が佐武と市の世界観にピタリとはまり、確変ゲームを盛り上げてくれる。

全国のホールに登場するのは、2011年6月6日が最速。(その後順次導入の予定) 当たりやすくてツボにはまれば大連荘の可能性も高い、CRパチンコ佐武と市捕物控の登場が楽しみだ。

このニュースの関連URL:機種図鑑:CR佐武と市捕物控
このニュースの関連URL:ニューギン




前へ 次へ

最新ニュース






このページの先頭へ戻る

戻る 777@niftyトップへ戻る