> > 新たな死闘が幕を開ける『CR戦国乱舞紺碧の双刃LX3』・・・サミーより発売!
ニュース
新機種発表
新たな死闘が幕を開ける『CR戦国乱舞紺碧の双刃LX3』・・・サミーより発売!
サミー

CR戦国乱舞 紺碧の双刃LX3
『北斗の拳・シリーズ』がホールで好調のサミーからまたまた期待度満点の新機種が発売になる。注目すべきは、そのスペックにある。従来の1回ループの確変機種とは違い、大当たりごとに、約1/2の確率で突入する「戦国CHANCE」に移行すれば、トータル3回の大当たり(初回大当たり含む)を獲得することガできる。

このスペックは、かつて一世を風靡した「権利もの」に近い。鍵を握るのは初回大当ラウンド中の「真戦国権利バトル」。ここで勝利して「戦国CHANCE」に移行した場合は、2000個×3で一撃約6000個の出玉となるのだ。また敗北しても、大当たり出玉は約2000個が約束されている点がうれしい。

バトルタイプやSTタイプを打って、大当たりしたのに玉ナシやわずかな出玉で終わってしまってガッカリという経験を持つプレイヤーも多いだろう。しかし、『CR戦国乱舞紺碧の双刃LX3』はそういうガッカリ感を一切なくしたスペックなのだ。また、特筆すべきは、初当たり確率が約1/299.3とかなり甘めに設定されていること。そのために大当たりの2回に1回の確率で訪れる一撃6000個の出玉を獲得することも、さほど高いハードルではない。

気になるゲーム演出は5大激アツがなんと言ってもアツい。「独眼竜面フラッシュ」「三日月フラッシュ」「次回予告」「政宗(秀吉)ムービー予告」「キリン柄」と実に分かりやすい。初めて打っても戸惑うことなく遊技のポイントが把握できるはずだ。とりわけ「独眼竜面フラッシュ」は、落下して盤面を覆う面が大迫力の必見演出となっている。

赤図柄の「3 ・5・ 7」で当たれば、ダイレクトに「戦国CHANCE」に突入する。それ以外はラウンド中のバトルに興奮必至。バトルスペックを作らせたら市場でもっとも評価の高いサミーらしい、プレイヤーをアツくさせる演出が目白押しなのだ。バトルに敗北しても、最後の最後に救済演出もあり最後まで目が離せない。

通常時のリーチアクションも、「独眼竜面フラッシュ」から発生する「協力リーチ」や「大将リーチ」が見物。発生しただけで激アツの展開が約束されている。疑似連予告や先読み予告なども多彩に展開され、長時間遊技でも飽きずに遊べるはずだ。

このニュースの関連URL:機種図鑑:ぱちんこ CR戦国乱舞 紺碧の双刃
このニュースの関連URL:サミー




前へ 次へ

最新ニュース






このページの先頭へ戻る

戻る 777@niftyトップへ戻る