> > ロングART後の1G連!『プロゴルファー猿』が発表
ニュース
新機種発表
ロングART後の1G連!『プロゴルファー猿』が発表
スパイキー

プロゴルファー猿
スパイキーからパチスロ参入第三弾となる『プロゴルファー猿』が発表された。もちろん、藤子不二雄A先生による人気漫画がモチーフだ。

本機は押し順タイプのARTをメインにしてコインを増やしていくタイプとなっている。そのART「雷電ボーナス」は、ゲーム数管理による発動とレア小役などの抽選から突入する。ART発動ゲーム数の決定は5種類の滞在モードごとに分かれている抽選によって決定。まさしく、4号機ストック機時代のようなシステムとなっているのが特徴だ。

ART「雷電ボーナス」は、1Gあたり約2.0枚の純増。ARTの開始時は、正面の液晶に表示される演出リールで赤7か白7を目押しする必要あり(目押しができなくても数ゲーム経過すれば勝手に揃ってくれる)。その7揃いの際に発生する「猿丸乱打演出(MAXBETボタンを連打)」で突入時のゲーム数が決定される。スタート時の最大ゲーム数は360G。平均は60Gだ。

ART中はハズレを含む全小役で上乗せを抽選。1回あたりの最大上乗せゲーム数は360G。また、特訓・猛特訓に移行したら大チャンス。この間は、3G区切りで上乗せを抽選。スイカ・チェリーといったレア役の成立やベル3連続で上乗せ確定。この特訓に成功すると、さらに次の3Gへ(最大で3回継続)。

通常時からのART突入パターンは、もう1つ「ビクトリーロード」経由のものがある。ビクトリーロード突入時は3回の激上乗せ抽選が発生。液晶リールのみ回転開始し、MAXBETを押すことによって上乗せゲーム数を決定。ここでの最大上乗せゲーム数は600G。さらに液晶でVが揃えばビクトリーロードが継続。破格の上乗せ特化区間となっている。

この「ビクトリーロード」はステップアップフリーズ演出を経由して突入する。このビクトリーロード出現率は液晶画面右側に表示される「ゴルファーとしてのランク」が高いほど期待できる。また、上のミニリールでV絵柄が揃うビクトリーボーナス(純増48枚)後は必ずビクトリーロード突入となる。

こういったロングARTの後に期待できるのが、ARTの1G連だ。ゲーム数によるARTの発動は前回のART開始時に抽選され、カウントが開始される。例えば次回のART開始が100G後と決まった場合。ARTが100G以上継続するとART中に次回のARTが発動するゲーム数を迎えることになる。こういった場合はART終了時に1G連が発生するぞ!

ドリームモード突入時は次回ARTまで108G以内。さらにこれが90%でループ。破格のART連チャンを楽しめる『プロゴルファー猿』は、6月下旬導入開始予定だ。

このニュースの関連URL:機種図鑑:プロゴルファー猿
このニュースの関連URL:スパイキー




前へ 次へ

最新ニュース






このページの先頭へ戻る

戻る 777@niftyトップへ戻る