> > システムマニアは要注目『竜馬翔ける!』が発表
ニュース
新機種発表
システムマニアは要注目『竜馬翔ける!』が発表
岡崎産業

竜馬翔ける!
漫画界の巨匠、宮下あきら先生による描くオリジナル作品『竜馬翔ける』が岡崎産業より発表された。同社から発表された『マジックッスパイス』を彷彿とさせる凝ったマシン。それでいて、打つ際に戸惑うことは一切なく。純粋にプレイヤーがヒキを楽しめるようなシステムとなっている。

本機は、ボーナス込みで1Gあたり約2.0枚純増のART「竜馬ラッシュ」でコインを増やすタイプとなっている。「ボーナス込み」でなかったら? という素朴な疑問は成り立たない。なぜならば、CBの抽選確率は破格の約1/13。通常時のベースも、ART中の純増枚数もCBがメインと言って問題ないくらいの仕様となっているからだ。

ボーナスは、3種類。同色揃いは、REGの超竜馬ボーナス。「青7・青7・赤7」揃いと「青7・赤7・赤7」揃いは、REGの竜馬ボーナス。REGは、いずれも2回入賞タイプ(純増約16枚)で、終了後は必ずARTから開始される。

「ベル・ベル・青7」などのCBの竜馬チャンスは、適当打ちでも揃ってくれる。1G目は順押しで消化・2G目は逆押しで消化することによって純増はMAXの15枚となるが、1G目にSINかREGが成立した場合は、2G目がなくなってしまう。法律で定められた仕様なので諦めよう。


REG後や通常時からの「突然ラッシュ」から開始されるART「竜馬ラッシュ」は、最低30Gが保証。30G消化後は、逆押しナビが発生するリプレイ成立時に陥落を抽選する。これに当選してしまった後は「3G・5G・7G・11G・22G・33G・次回まで」のいずれかからART終了ゲーム数を決定。しかし、終了してしまう前にCBの竜馬チャンスが揃えば、再度ART「竜馬ラッシュ」に復帰(復帰後は30Gの保証なし)する。約1/13をタイミング良く引き続ければARTはずっと継続するぞ。

なお、同色揃いの超竜馬ボーナス後は、ART陥落時の抽選で「次回まで」が選択される「超竜馬ラッシュ」となる。つまり異色REGが揃って「竜馬ラッシュ」に格下げとなるまでは終了する心配はないのだ。この「超竜馬ラッシュ」は、通常の「竜馬ラッシュ」から格上げされることもあるので期待しよう。


約1/13の引きに一喜一憂『竜馬翔ける』の導入は、2011年7月4日を予定しているぞ。

このニュースの関連URL:機種図鑑:竜馬翔ける!
このニュースの関連URL:岡崎産業



  • ニュース写真

  • ニュース写真


前へ 次へ

最新ニュース






このページの先頭へ戻る

戻る 777@niftyトップへ戻る