> > ロデオが待望の続編『旋風の用心棒〜胡蝶の記憶〜』を発表!
ニュース
新機種発表
ロデオが待望の続編『旋風の用心棒〜胡蝶の記憶〜』を発表!
ロデオ

旋風の用心棒〜胡蝶の記憶〜
ロデオから新機種『旋風の用心棒〜胡蝶の記憶〜』が発表された。本機は4号機時代に人気を博した『旋風の用心棒』の正統後継機。内部システムはストックからARTの様変わりしたものの、液晶演出から雰囲気まで、先代を彷彿とさせる出来栄えになっており、前作ファンならば誰もが目を見張る新機種となっている。

『旋風の用心棒』……といえば、先代から受け継がれた小役7連続の法則が真っ先にイメージされるが、今作でもこのシステムはもちろん踏襲。通常プレイ中のレア役などで突入する「旋風の兆し」と呼ばれるチャンスゾーン中に、転落リプレイを含まず小役が7連続すればARTに突入するシステムを採用することで、当時の興奮を見事に再現している。

そして5号機版『旋風の用心棒』のもう一つの魅力として挙げられるのが、そのスペック。
ARTはストック管理あり、ゲーム数上乗せありと贅沢な作りながらも、ボーナス確率が設定1で約200分の1、設定6で約160分の1と当たりやすいスペックになっているため、誰でも気楽に遊べつつ、さらに出玉の塊を求めることも十分に可能というバランスの良さが魅力だ。

ビッグネームとなるそのタイトルの大きさだけでなく、ゲーム性も優秀とあらばホール登場後は瞬く間にメイン機種となること必至の本機『旋風の用心棒』。導入が楽しみな一台である。

このニュースの関連URL:パチスロ図鑑:旋風の用心棒〜胡蝶の記憶〜
このニュースの関連URL:ロデオ




前へ 次へ

最新ニュース






このページの先頭へ戻る

戻る 777@niftyトップへ戻る