> > ステージチェンジのアツさ再び『夢夢ワールドDXII』が発表
ニュース
新機種発表
ステージチェンジのアツさ再び『夢夢ワールドDXII』が発表
SANKYO

夢夢ワールドDXII
パチンコ・パチスロともにお馴染みのきゃら、夢夢ちゃんシリーズの最新作『夢夢ワールドDXII』が発表された。その機種名からも伺えるように4号機のストック機として登場した『夢夢ワールドDX』の後継機。ステージチェンジのアツさを受け継いでの登場だ。

4号機時代と同様に、全面液晶と筐体上部のミニリールを搭載。ボーナスが告知された際は、ミニリールにV絵柄を狙おう。そのボーナスは純増204枚のBIGと純増48枚のREGの2種類。

BIGは演出上、通常BIGとドラゴンBIGの2種類に分かれている。通常BIGは液晶リールでの赤7揃いでART突入やゲーム数上乗せを抽選。赤7がダブルラインで揃った場合は、高継続のARTやゲーム数大量上乗せに期待が持てる。ドラゴンBIGはARTゲーム数大量獲得のチャンス。毎ゲーム上乗せを抽選し、液晶上にレア小役が出現したら激アツだ。

ARTは通常ゲームからも突入する可能性あり。そのカギを握るのが平均50Gに1回訪れるステージチェンジだ。1G限定のタイムコースターが出現した際にART突入やステージチェンジを抽選。「原始・航海・未来」の通常ステージから「スロットステージ・かっとびチャンス・シャッターチャンス」といったステージに移行すればチャンスとなる。このチャンス系のステージは、それぞれ特徴を持っている。スロットステージは毎ゲーム高確率でART突入を抽選。レア小役成立時はチャンス。かっとびチャンスは滞在中のボーナス当選で高確率ART突入確定。シャッターチャンスは、演出によってART期待度が変化する。

ART「DXタイム」は、1セット40Gで1Gあたり約1.4枚の純増。ループによる連チャンだけでなく、レア小役成立時などでゲーム数上乗せも抽選している。ART中は、「Vラッシュチャンス」発生時に押し順3択を正解できれば「Vラッシュ」に突入。「Vラッシュ」は、Vリプレイが成立するごとにARTゲーム数を上乗せ。連続してVリプレイが揃うとコンボが発生し、多くのゲーム数が上乗せされる。

初代のゲーム性を活かして華麗に復活した『夢夢ワールドDXII』の導入は、2011年9月5日を予定しているぞ。

このニュースの関連URL:機種図鑑:夢夢ワールドDXII
このニュースの関連URL:SANKYO




前へ 次へ

最新ニュース






このページの先頭へ戻る

戻る 777@niftyトップへ戻る