> > 1Gあたり3枚純増!『エージェントクライシス』が発表
ニュース
新機種発表
1Gあたり3枚純増!『エージェントクライシス』が発表
エレコ

エージェントクライシス
1Gあたり約3枚の純増。5号機史上最高となるARTを搭載した『エージェントクライシス』が発表された。

ボーナスはMISSION図柄揃いのMB1種類のみ。純増は0枚(減ることはない)だが、このMBがARTの突入や引き戻しのカギを握ることになる。

ここからはゲームの流れに沿って解説していく。通常時に告知されたボーナス中は「エージェントミッション」となる。ここでは、23G内で左リールの3択(赤7・白7・黒7)を正解させられるほどARTゲーム数を獲得。3択正解時は左リール上下段に7が停止するぞ。

ART突入が確定した場合、ボーナス終了後は30G間のAT状態に移行する。全リールともナビされる色の7を狙おう。また、逆押しナビが発生することも。その場合は逆押しで消化しよう。このAT状態中は1Gあたり約1.8枚の純増だ。

ATの30Gを消化すると、いよいよ1Gあたり約3枚純増のARTへ。ARTは最低でも30G継続でゲーム数の上乗せアリ。ART中にボーナスが告知されて「バーニングバレット」となったら大量上乗せに期待。23G間、毎ゲーム最低でも5Gの上乗せが発生(23Gなので115G以上)。左リールの3択を多く正解すると上乗せゲーム数が優遇される。

ARTの終了もボーナスがポイント。ボーナスが告知されて「クライシスミッション」となったら終了のピンチ。ここでも3択を正解させるほどART再突入(引き戻し)の期待度が高くなる。

注意したいことは2点。告知されるまでMISSION図柄を揃えないこと。そして、小役は押し順タイプではなく、全リールともナビされる色の7を狙う必要があること。ボーナス図柄をミスなく押せる程度の目押し力は必要だぞ。

5号機の限界を突破した『エージェントクライシス』は、10月3日導入開始予定だ!

このニュースの関連URL:機種図鑑:エージェントクライシス
このニュースの関連URL:エレコ



  • ニュース写真

  • ニュース写真


前へ 次へ

最新ニュース






このページの先頭へ戻る

戻る 777@niftyトップへ戻る