> > 待っていたぞケンシロウ 『パチスロ北斗の拳』が発表!
ニュース
新機種発表
待っていたぞケンシロウ 『パチスロ北斗の拳』が発表!
サミー

パチスロ北斗の拳 世紀末救世主伝説
パチンコ『ぱちんこCR蒼天の拳2』と同時に、パチスロ『パチスロ北斗の拳 世紀末救世主伝説』も発表。現時点では不明な点も多くあるが、今判明している情報を報告させていただきたい。78万台という凄まじいメガヒットとなった初代を彷彿とさせる部分も多く見受けられたぞ!

まずは、ゲーム性から。ART「激闘乱舞」は1セット30G+バトル部分8G。バトル部分は、ラオウとケンシロウのどちらが攻撃するか、攻撃内容などがカギを握る。ゲーム数上乗せも豊富に用意されているが「初代の継続率までも転生」とのことなので、ループにも期待が持てる内容となっているようだ。そんな初代の基本はそのままに、トキ昇天シーンなども追加。出現条件は不明だが、北斗ファンならずとも拝みたい演出だろう。

ARTには、もう1つ「拳王乱舞」も存在。こちらは20G+αの超上乗せ型ARTとなっており、この間は中段チェリーが1/2の確率で出現しまくる(今回の中段チェリーは特殊リプレイの模様)。なお、両ARTともに1Gあたりの純増は約2.2枚。想像ではあるが、ボーナスではなくARTが前面に押し出された仕様といえよう。

演出面にも触れておこう。今回は新筐体「天星」を採用。北斗シャッターを搭載。ART中は、シャッターに輝く星の数だけゲーム数上乗せが発生する。また、通常時は初代と同じく「ラオウ・ジャギ・サウザー・シン」の4ステージ。飛躍的に進化した現在の技術で、初代を再現するというのも開発コンセプトにあったようだ。

全てを一新しつつ、初代の演出やアツさを継承。『パチスロ北斗の拳 世紀末救世主伝説』の導入は、2011年12月を予定しているぞ!

このニュースの関連URL:機種図鑑:パチスロ北斗の拳
このニュースの関連URL:サミー



  • ニュース写真

  • ニュース写真


前へ 次へ

最新ニュース






このページの先頭へ戻る

戻る 777@niftyトップへ戻る