> > 俺がテッペンだ!『CR喧嘩番長 MX雷神』……マルホンより
ニュース
新機種発表
俺がテッペンだ!『CR喧嘩番長 MX雷神』……マルホンより
マルホン

CR喧嘩番長
「出玉上等!ALL2000で夜露死苦ぅ!」のキャッチコピーでMAXタイプに待望の新シリーズが登場する。発売元はマルホン。2011年9月、その期待の新機種の発表会が東京・上野の同社ショールームにて行われた。

新機種名は『CR喧嘩番長 MX雷神』。そのタイトルが示すとおり大人気PSPゲーム「喧嘩番長」がモチーフになっている。右打ち時の大当たりはすべてALL2000個という出玉性能は、MAXタイプの中でもトップクラスの爆発力を持っている。

発表会では、PSPゲームの登場キャストに扮したゲーマーたちが、実際に「ゲーム・喧嘩番長」を遊戯し、その魅力を披露した。全国制覇を目指す番長たちの熱き戦いが繰り広げられ、それはそのままパチンコ台のゲーム性に活かされている。

大当たり確率は1/392.7(1/53.9)、確変突入率70%、電チューサポート時の大当たり終了後に時短30回転というスペックだ。特筆すべきは、なんと言ってもその出玉性能だろう。いったん電チューサポート遊技に入ると、全ての大当たりが2000個オーバーで確変比率も純粋に70%となっており、連チャンモードがうまく続けば、1万発程度の出玉は日常茶飯事になるはず。

気になる演出面だが、美麗で派手な液晶演出が得意なマルホンらしく、原作の世界観をそのまま表現した迫力のある予告やリーチが満載。とくに、盤面に突如出現する「ワンパンギミック」役物は大迫力。喧嘩番長の拳が激アツの展開を約束する。

リーチは何と言っても「頂上血戦リーチ」が見物。全国の頂点に君臨する池田高校番長・近藤勇との一騎打ちがアツい!その他にも「木刀リーチ」や「番長の器リーチ」など、原作ゲームに出てくる演出が楽しめる。

通常時の大当たりは潜伏することがあるが、本機種に関してはモード移行演出「シブシャバモード」が一度発生して、発展していけば高確率が約束されるためうっかり高確率のまま捨ててしまう危険は非常に少ない。(小当たりの場合は、シブシャバモードが終わって通常演出に戻る)

「漢なら拳で語れ!ワンパンギミックが、っぱねぇぜ!」「全開バリバリ!右打ち高速でぶっこめ!」のフレーズにふさわしい新機種『CR喧嘩番長』の全国制覇の日は、2011年11月21日の予定だ。

このニュースの関連URL:機種図鑑:CR喧嘩番長
このニュースの関連URL:マルホン



  • ニュース写真

  • ニュース写真


前へ 次へ

最新ニュース






このページの先頭へ戻る

戻る 777@niftyトップへ戻る