> > よく回るパチンコ第2弾『CR幕末英雄伝龍馬』……SanseiR&Dより登場!
ニュース
新機種発表
よく回るパチンコ第2弾『CR幕末英雄伝龍馬』……SanseiR&Dより登場!
サンセイR&D

CR幕末英雄伝龍馬
通常時から純正8個保留という斬新なゲーム性を搭載した新機種が発売になる。新機種は『CR幕末英雄伝 龍馬』。発売元は、『CR牙狼』シリーズ」を世に送り出したSansei R&Dだ。本機は、『CRああっ女神さまっ』に続く、よく回るパチンコ第2弾となる。

幕末の英雄・坂本龍馬を主人公にした『CR幕末英雄伝 龍馬』は、歴史パチンコが得意なSansei R&Dらしい完成度の高い機種に仕上がっているといえよう。西郷隆盛、桂小五郎、高杉晋作、勝海舟といった歴史上の偉人たちに加え、人気のある岡田以蔵やお龍なども登場する。

スペックは3つ用意されたが、MAXタイプXX1の場合、大当たり確率1/399.60 確変突入率80%、大当たりは軽快右打ち仕様。しかも、小当たりや潜伏確変を一切排除してあるために安心して遊技できる。(ミドルタイプは1/309.13、ライトミドルは1/199.80 ともに確変突入率は72%)

英雄・龍馬の前に立ちはだかる世界の強敵との「海戦CHANCE〜バトル演出」が出玉と連チャンを左右する。史実とは異なるが、まるで冒険小説のようなアクションが打ち手を楽しませてくれるだろう。

予告演出は、回転体予告や次回予告、維新語録予告などに期待したい。疑似連となる「幕末事件史予告」は史実に基づいて作成され、歴史ファンも納得の演出。盤面を飾る巨大な「大龍役物」が完成すれば、大チャンス。そこから、激アツのムービーリーチなどに発展すれば、期待度はさらにアップする。

「禁門の変リーチ」や「龍馬暗殺リーチ」、「黒船襲来リーチ」などは、奇想天外なバトル演出とはまったく異なり、歴史ドラマを見ているような錯覚に陥るかもしれない。このバランスがなんとも面白いのだ。

「龍馬は死せずー。世はまさに大回転時代。」のキャッチコピーにふさわしい、純正8個保留という斬新な機能を搭載した『CR幕末英雄伝 龍馬』のホールデビューは、最速で2011年11月6日より開始される。その日を楽しみに待っていてほしい。

このニュースの関連URL:機種図鑑:CR幕末英雄伝龍馬
このニュースの関連URL:サンセイR&D




前へ 次へ

最新ニュース






このページの先頭へ戻る

戻る 777@niftyトップへ戻る