> > 10Gの上乗せゾーンが連鎖!『悪魔城ドラキュラIII』が発表
ニュース
新機種発表
10Gの上乗せゾーンが連鎖!『悪魔城ドラキュラIII』が発表
KPE

悪魔城ドラキュラIII
KPEより初となるモバイル端末連動機能「e-SLOT」を搭載となる『悪魔城ドラキュラIII』が発表された。本機は、ボーナスとゲーム数上乗せ型のARTでコインを増やしていくタイプで、ART中は上乗せ特化ゾーンの「悪魔城RUSH」がポイントとなる機種だ。

ボーナスは3種類。赤7揃いと青7揃いはBIGで純増約205枚。「赤7・赤7・青7」揃いはREGで純増約54枚。ボーナス中はいずれもハズレ時にART突入やART突入契機ゾーンとなる「悪魔城CHANCE」への突入を抽選する。

ART突入へのメインルートとなる「悪魔城CHANCE」は、BIG中のハズレ時だけでなく通常時からも突入を抽選。10G+αの消化中は、全役でART突入を抽選してくれる。通常時からの「悪魔城CHANCE」突入は滞在モードが大きく左右するのが特徴だ。高確・超高確滞在時は、ART抽選に漏れても再度「悪魔城CHANCE」突入の期待大。

ARTは、1セット50Gで1Gあたり約1.4枚の純増。ゲーム数・セット数ストックの上乗せを抽選するほか、残りゲーム数が0Gになってから発生するドラキュラバトルで、ドラキュラが逃亡するとART継続。バトルに勝利すればボーナス確定となる。

そのART中でもっともゲーム数上乗せに期待できるのが「悪魔城RUSH」だ。「悪魔城RUSH」はART中のBAR揃い(突入率1/200)から突入し、全小役とも50%でゲーム数を上乗せする(「SUPER悪魔城RUSH」は全小役とも100%)。継続ゲーム数は10Gだが、消化中にBARが揃った場合は、そこから再度10G継続してくれるのだ。「悪魔城RUSH」中のBAR成立確率は1/10。さらに、終了後も連続性があるようだ。

REG中は、ファミコンの「悪魔城ドラキュラ」の画面が出たらART突入確定というパターンも。『悪魔城ドラキュラIII』の導入は、2012年1月下旬を予定しているぞ!

このニュースの関連URL:機種図鑑:悪魔城ドラキュラIII
このニュースの関連URL:KPE




前へ 次へ

最新ニュース






このページの先頭へ戻る

戻る 777@niftyトップへ戻る