> > 不可能を可能に 『CRミッションインポッシブル』……Daiichiより、ついに。
ニュース
新機種発表
不可能を可能に 『CRミッションインポッシブル』……Daiichiより、ついに。
Daiichi

CRミッションインポッシブル
2011年12月22日、東京・台場にあるホテル日航東京で話題の新機種が発表になった。大ヒットハリウッド映画「ミッションインポッシブル」をモチーフにした『CRミッションインポッシブル』である。原作はトム・クルーズ主演のスパイアクション活劇で、シリーズ化されている大人気コンテンツ。シリーズ第4作となる「ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル」が大ヒット上映中ということもあり、まさに旬なタイミングでの発表となった。

発売元は、ハリウッド映画とのタイアップ機種では各方面から評価の高い大一。元々開発力が高いメーカーだけに、『CRミッションインポッシブル』には各方面から大きな期待が寄せられている。次世代型ゲームエンジン「M:i-T(ミッションインポッシブルタイム)」を搭載。それにより、ワクワク−ハラハラ−ドキドキ「W-H-D」というプレイヤーの遊技心理をしっかりと視野に入れた仕上がりとなっている。

プレス発表会は、同社・取締役副社長 小塚英治氏の挨拶で幕を開けた。「爽快感あふれる映画の世界観を表現すべく、大一の総力をあげて開発しました。どうぞご期待ください」と力強く述べられた。

プロモーション映像の紹介に続いて、商品企画部プロデューサーの大上英章氏による開発コンセプト説明と機種の概要説明がなされた。さらに今回の『パチンコ&パチスロ ミッションインポッシブル』の監修に全面的に加わったトム・クルーズご本人のインタビュー映像が放映。監修に関わったトムクルーズ氏のロングインタビューは実に興味深いものだった。

最後に、スペシャルゲストとして、トム・クルーズ氏とも親交があるデーブ・スペクターさんが登場し、同社戦略部部長の安藤隆氏と共に楽しいトークショーが行われ、映画大ヒットの秘密やトム・クルーズ氏のスタント演技秘話などが披露された。さらにこれから全国の映画館で放映予定の面白CMが紹介され、盛会のうちに発表会は幕を閉じた。

気になるスペックは、大当たり確率1/394.8(高確率中:1/43.8)、「ミッションインポッシブルタイム」突入率100%、回数50回・70回・100回・次回までの振り分けで、継続率は70%オーバー。「ミッションインポッシブルタイム」の大当たり出玉はすべて約2000個発と、出玉性能も申し分ない。波に乗ればドル箱があっという間に積み上がるはずだ。

「サングラス投げ予告」や爆弾役モノ、そして「今から10数えるリーチ」など、原作の世界観がそのまま楽しめる予告やリーチも必見だ。豊富に搭載されたトム・クルーズ氏の実写映像アクションはファンならずとも引きつけられること間違いないだろう。

全国のホールデビューは2012年2月20日を予定。緊張感、達成感、出玉感のバランスが抜群の『CRミッションインポッシブル』の登場を楽しみに待て!

このニュースの関連URL:機種図鑑:CRミッションインポッシブル
このニュースの関連URL:Daiichi



  • ニュース写真

  • ニュース写真


前へ 次へ

最新ニュース






このページの先頭へ戻る

戻る 777@niftyトップへ戻る