> > 強欲なる進化!『CR銀と金2』……マルホンから再び
ニュース
新機種発表
強欲なる進化!『CR銀と金2』……マルホンから再び
マルホン

CR銀と金2
2010年5月に発売されるや人気を博した『CR銀と金』の第2段が登場することになった。発売元はもちろんマルホン工業。ユニークな機種開発においては業界でも評判の高いメーカーである。

2012年2月9日。東京・上野にあるマルホンショールームにて新機種プレス発表会が行われた。はじめに代表取締役社長である和泉靖氏より挨拶があり、「先行きの厳しい時代ですが、みなさんに喜ばれる台を作っていきたい。前作をしのぐスペックとなっているのでぜひご期待ください」と新機種に対する意気込みを熱く語られた。

迫力あるPVの上映に続いて、仕様設計課の佐藤氏より本機種の特徴についての説明が行われた。早速その気になるスペックだが、ミドルスペックにも関わらず現行ST機最強の高ラウンド比率とまさに「強欲スペック」と呼ぶに相応しい。

スペックは全部で3種類。マックスタイプ、ミドル、ライトミドルとどれも大当たり確率と継続率そして出玉のバランスが秀逸で、その日の気分と予算に合わせてチョイス出来る点が嬉しい。

モチーフとなった『銀と金』は、1992年から1996年まで『アクションピザッツ』(双葉社)に連載されたギャンブル漫画。単行本は全11巻発売されている。裏社会を生きる男達の、株の仕手戦や政治家との裏取引などの駆け引き、殺人鬼や復讐に身を委ねた男と命を懸けた死闘、ギャンブル勝負を描いた刺激的な作品である。原作者はギャンブル漫画の第一人者・福本伸行氏。代表作は「アカギ」「カイジ」「天」など多数あり熱狂的なファンを多くもつ。すでにパチンコのモチーフになっている作品も多い。

『CR銀と金2』は、原作にある競馬勝負、麻雀勝負、ポーカー勝負などをテーマにした予告やリーチが満載。福本作品を代表する「ざわ」アクションも、今作ではさらに進化を遂げ色々なタイミングで発生する。基本的な演出は第1作で好評だったアクションを継承しつつ、2012年バージョンとして進化発展させている。

欲望の深淵というキャッチフレーズがぴったりで、同社では「強欲な進化を遂げたスペック」と自信満々である。全国のホールに登場するのは、2012年3月の予定。強欲なる進化遂げた『CR銀と金2』の登場を楽しみに待とう。

このニュースの関連URL:機種図鑑:CR銀と金2
このニュースの関連URL:マルホン工業



  • ニュース写真

  • ニュース写真


前へ 次へ

最新ニュース






このページの先頭へ戻る

戻る 777@niftyトップへ戻る