> > 北斗デジテン始動。『デジテンCR北斗の拳有情(トキ)』…サミーより登場!
ニュース
新機種発表
北斗デジテン始動。『デジテンCR北斗の拳有情(トキ)』…サミーより登場!
サミー

デジテンCR北斗の拳有情(トキ)
大好評シリーズ「北斗の拳」のデジテンバージョンが登場した。シリーズ中、ケンシロウの味方としてファンの間でも人気の高い善玉キャラのトキをメインキャラに採用している。

「デジテン」はヘソ賞球が10個あり、投資スピードが遅めでゆっくり楽しめるサミーの人気スペックである。「たっぷり賞球で北斗を楽しもう!」のキャッチコピーがぴったりの仕様が魅力的だ。

大当たり確率は約1/167で突入率100%のST(36回転)を有する。10ラウンド当たり時の出玉は約720個となり、ツボにはまれば十分に満足度の高い出玉になるはずだ。
全体的な印象としては『デジハネCR北斗の拳 慈母(ユリア)』の当たりやすさと『ぱちんこCR北斗の拳 百裂(ケンシロウ)』の興奮が塩梅よくミックスされたような印象を受ける。

大当たりやST消化は『ぱちんこCR北斗の拳 百裂(ケンシロウ)』同様にすべて右打ち。そのためにスピード感も高く、遊技時間が短めでも遊べるだろう。また、時間がある時にはまったりのんびり遊ぶことも可能という、ある意味相反したバランスが魅力だ。

気になる演出は、死闘バトルを予兆する32ゲーム専用の予告やリーチがなんと言ってもアツい。おなじみ「マントの男予告」「二指真空把予告」「北斗カウンター予告」など、シリーズで人気の高かったアクションを継承し、更に迫力を増した。
連チャンチャンスの「乱世バトル」では、ジャギやアミバが出現すれば激アツ。その他にもチャンスアップの赤文字や激アツキリン柄、そして限定4回転の「仁王像モード」など楽しみどころも多い。

遊びやすさと楽しさという究極のバランスを追求した『デジテンCR北斗の拳有情(トキ)』の全国登場は2012年4月15日が最速。その後順次導入の予定だ。見かけたら絶対に打ってほしい一台なのだ。

このニュースの関連URL:機種図鑑: デジテンCR北斗の拳有情(トキ)




前へ 次へ

最新ニュース






このページの先頭へ戻る

戻る 777@niftyトップへ戻る