> > ドキドキゲート搭載!! 『CR天才バカボン4 決断の瞬間』……Daiichiより登場。
ニュース
新機種発表
ドキドキゲート搭載!! 『CR天才バカボン4 決断の瞬間』……Daiichiより登場。
Daiichi

CR天才バカボン4 決断の瞬間
2012年3月22日。東京お台場にあるホテル日航東京にて、期待度満点のパチンコ機種のプレス発表会が行われた。新機種の名前は、『CR天才バカボン4 決断の瞬間』。発売元はユニークスペックを世に送り出している老舗メーカーの大一。同社の大人気シリーズの2012年バージョンである。

モチーフとなったのは、巨匠・赤塚不二夫原作の「天才バカボン」。永遠に語り継がれるギャグ漫画の傑作である。大一では、「天才バカボン」の登場キャラをメインにすえて、デジパチ、羽根ものなど魅力的な機種をたくさん世に送り出してきた。今作『CR天才バカボン4 決断の瞬間』は、同社としてはシリーズ第4弾となり、今までのイメージを一新した出来栄えだ。

発表会は、同社代表取締役 市原高明氏の挨拶で幕を開けた。「シリーズ4作目となる『CR天才バカボン4 決断の瞬間』に大きな期待をお寄せください。」と力強く述べられた。プロモーション映像の紹介に続いて、大当たり挿入歌「気分はまるでジャックポット」を歌うヒップホップグループ「HOME MADE 家族」からのビデオレターが披露された。

そして、商品開発本部の福原弘修氏より、詳細な商品説明が行われた後に、開発スタッフを交えたトークセッション「パチンコ革命≠サの核心に迫る!!」が展開された。そこでは開発に至るまでの秘話・エピソードなどが語られ、参加者からの質問も交えて盛り上がりをみせた。

『CR天才バカボン4 決断の瞬間』は、従来機種にはなかった本当の意味でのプレイヤー参加型の「ドキドキゲート」が最大の特徴。プレイヤー自らが大当たりラウンドアクションを選択できる。「安心タイプ」は10ラウンド、「ドキドキタイプ」は4または16ラウンド(比率は50%)というもの。勝負師ならば、迷わず「ドキドキ」へ、アベレージ重視ならば「安心」を選ぶと良いだろう。そして、アナログへのこだわりとして、ガラポン役物がある。赤が出れば16ラウンド確定という見た目の楽しさも最高だ。

演出は、新しいバカボンワールドがメイン。新キャラのエンジェルウナギ犬を捕まえれば、大当たりという分かりやすくシンプルなアクションも魅力となっている。もちろん、激アツの白ウナギ犬は健在。さらに、バカボンらしからぬ劇画タッチの演出も面白いのだ。

気になるスペックだが、大当たり確率1/278.7、確変継続率67%、時短50回転、ラウンド振り分け選択タイプとなっている。確変絵柄と16ラウンドがうまく絡めば、大量出玉ゲットも十分可能だ。

「パチンコが変わる」パチンコ革命!! というキャッチフレーズがぴったりのドキドキゲート搭載!! 『CR天才バカボン4 決断の瞬間』の全国デビューは、2012年5月7日を予定している。ホールにパチンコ革命が起こる日はまもなくだ。

このニュースの関連URL:機種図鑑:CR天才バカボン4 決断の瞬間
このニュースの関連URL:Daiichi



  • ニュース写真

  • ニュース写真


前へ 次へ

最新ニュース






このページの先頭へ戻る

戻る 777@niftyトップへ戻る