> > 「TAIYO ELEC 2400シリーズ」第2弾の『CR御伽屋HANZO』が発表!
ニュース
新機種発表
「TAIYO ELEC 2400シリーズ」第2弾の『CR御伽屋HANZO』が発表!
タイヨーエレック

CR御伽屋HANZO
タイヨーエレックより、東京都台東区にてパチンコ新機種『CR御伽屋HANZO』の発表展示会が開催された。

同機はMAXタイプで右打ち仕様、超大当たり時の出玉約2400個と大当たりの出玉感を追求した究極スペックがコンセプト。昨年発売された『CRブラックラグーン』第2弾機として位置づけられている。また、そのストーリーは完全オリジナル。ハイエンド3DCGに加え、緻密に作り込まれた世界観と物語性を魅せる、完成度の高い機種となっている。

大当たり確率は1/399.6。確変率は77%で、約2400個の出玉が獲得できる超大当たり(16R大当たり)比率は、電チュー入賞時抽選で60%というスペック。潜伏確変・突然確変機能は非搭載で、わかりやすいゲーム性が特徴だ。

演出面では、突入時点で小当たりor確変大当たりが判明する「FUJIYAMA RISING」が面白い。右アタッカーの開放回数と演出での「宝玉」点灯が連動し、期待度が変化。従来のパチンコ機にはない高揚感と期待感を感じさせてくれる。

予告・リーチ演出は非常に多彩で、オリジナルキャラクターが多数登場する。確変モードの「月闘の刻」は、バトルが発生し、勝利すれば確変確定するシンプルながらも迫力ある演出が見所の一つだ。

なお、展示発表会会場には、元SDN48の相川友希さんが「1日支店長」として登場。来場者にお気に入りの“スイーツ”を配る等、会場を盛り上げていた。

導入時期は6月中旬頃から順次の予定だ。

このニュースの関連URL:機種図鑑:CR御伽屋HANZO
このニュースの関連URL:タイヨーエレック



  • ニュース写真

  • ニュース写真


前へ 次へ

最新ニュース






このページの先頭へ戻る

戻る 777@niftyトップへ戻る