> > 福本伸行氏の名作「天」がパチスロになって登場!
ニュース
新機種発表
福本伸行氏の名作「天」がパチスロになって登場!
藤商事

パチスロ 天 天和通りの快男児
5月11日、六本木のニコファーレにて藤商事の新機種発表会が行われた。発表機種はパチンコから1機種、そしてパチスロからは『パチスロ 天 天和通りの快男児』の発表と、贅沢な2機種同時発表、かつ「整いました」でお馴染みのお笑い芸人、Wコロンの登場もあり、会場は盛り上がりをみせた。

本機『パチスロ 天 天和通りの快男児』は、「カイジ」や「アカギ」で有名なあの福本伸行氏原作の麻雀漫画がモチーフとなるタイトル。氏の原点とも言える作品となっており、氏の奇才っぷりを世に知らしめたビッグタイトルである。液晶演出では原作のセリフや名シーンをそのままに再現。筆者を始めとした、原作ファンも納得の出来映えとなっている。
さて、かつて麻雀をモチーフにしたパチスロは数多くあったが、本機ほどその麻雀というゲームの性質を忠実にパチスロに再現した機種は他にないであろう。
なんとART中に行われる対局では、主人公である天の手牌が見事アガリに達すれば、そのアガリ形がそのままゲーム数として加算される仕組みのゲーム数上乗せ型ARTを搭載。リーチのみの1300点なら13ゲーム、役満の32000点なら320ゲーム……と、まさに麻雀を打っているかのような感覚でARTを楽しめるのだ。

また、天の親番ならばなんと麻雀の性質と同様、獲得ゲーム数が1.5倍になるシステムも搭載。しかも親番で獲得したゲーム数をすべて消化しきるまで、天の親番が継続するというのだから、その破壊力は想像にたやすいであろう。瞬発力の増した現行のART機と比べてもトップクラスの出玉性能を誇ると言える。

本機のホール導入は6月上旬とのこと。麻雀を知る者なら誰でも楽しめること請け合い、そうでない人も福本漫画のアツさを身に染みて感じるチャンス。是非ホールで打ってみて欲しい。

このニュースの関連URL:機種図鑑:パチスロ 天 天和通りの快男児
このニュースの関連URL:藤商事



  • ニュース写真

  • ニュース写真


前へ 次へ

最新ニュース






このページの先頭へ戻る

戻る 777@niftyトップへ戻る