> > 大都技研から待望の新機種『パイレーツワールド』が登場!
ニュース
新機種発表
大都技研から待望の新機種『パイレーツワールド』が登場!
大都技研

パイレーツワールド
今や導入されていないホールは日本全国どこにもないともいえる『押忍!番長2』。その記録的ヒットを生みだした大都技研が待望の新機種を発表した。その名も『パイレーツワールド』。番長同様、個性的なキャラクターたちが目を引き、かつ、かつてないような新システムを積んだ、大都技研らしい一台である。

本機においてもっとも特徴的なのは、そのARTの継続システム。ARTは前半の通常ARTパートと後半のバトルパートに分かれており、バトルに勝利すればART継続……という、一口で言えばありがちに聞こえるシステム。だがその期待を大きく裏切ってくれるのが、クリスタルチャージゾーンと名付けられた通常ARTパートである。
バトルパートで登場する敵キャラクターにはHPが存在し、そのHPをゼロにして継続を狙うわけだが、バトルパート突入前に滞在する通常ARTパートで成立した役によってポイントをためていき、そのポイントに応じて敵に先制攻撃をかけるといったシステムになっているゆえ、継続はほぼすべて「自力」……そう言い切れるシステムになっているのだ。

このクリスタルチャージゾーンと呼ばれる通常ARTパート……その面白さは従来の機種では体感し得ないものとなっているため、打ち手の注目を浴びることは必至。そしてそのゲーム性だけでなく、『政宗』で好評だった7図柄の1ゲーム連をはじめとする残機(ストック)上乗せスペシャルタイム「レジェンドドライブ」を搭載することで瞬発力に関しても申し分なしの出来栄えとなっているため、今夏のホールの顔になることは間違いない機種であるといえよう。

本機の登場は2012年6月4日。実に楽しみな一台である。

このニュースの関連URL:機種図鑑:パイレーツワールド
このニュースの関連URL:大都技研




前へ 次へ

最新ニュース






このページの先頭へ戻る

戻る 777@niftyトップへ戻る